エアガンの保管方法4選! 保管前の確認事項やお手入れ方法も紹介!

「エアガンの保管に困っている」という人は多いでしょう。サバゲーを趣味にしている人にとって、どんどん増えるエアガンの保管方法には頭を悩ませがちです。特に、ライフルなど大型のエアガンはうまく収納できず、場所を取ってしまうという悩みも多いと思います。

この記事では、エアガンの保管前に確認すべきことや、保管前のお手入れ方法・おすすめの保管方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. エアガンを保管する前に確認すべきことは?
  2. エアガンを保管する際のお手入れ方法を紹介
  3. エアガンのおすすめ保管方法4選
  4. エアガンの保管に関するよくある質問

この記事を読むことで、エアガンの保管に適した場所や、保管する際の注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.エアガンを保管する前に確認すべきことは?

まずは、エアガンを保管する前に確認すべきことをご紹介しましょう。

1-1.弾が残っていないか

エアガン内部に弾が残っていないか確認しましょう。マガジンが空の状態でも、本体に弾が残っている可能性があります。そのまま保管すると再度使用する際、弾が入っていることに気付かず、誤射してしまう危険があるのです。また、弾が残ったままだとエアガン内部のパッキンに圧力がかかったままになり、パッキンが変形してしまう可能性もあります。必ず、数回は空撃ちをしてから保管するようにしましょう。

1-2.バッテリーは外してあるか

保管前にバッテリーは外しておきましょう。バッテリーを入れた状態のまま保管すると、過放電や液もれを起こしてしまう原因になります。また、エアガンの誤作動を防止するためにも、使用しないときは必ずバッテリーを外すようにしましょう。

1-3.ホップアップは最弱の状態になっているか

エアガンを長期保管する前に、必ずホップアップを最弱の状態に戻っているか確認しましょう。ホップアップをかけて保管するとパッキンに負荷がかかったままの状態になり、つぶれて固まってしまう可能性があります。

2.エアガンを保管する際のお手入れ方法を紹介

エアガンを保管する際には、必ず以下の手順で手入れをしておきましょう。

2-1.エアガンの外側をきれいにする

まずは、エアガンの外側をきれいに掃除しましょう。ぬらして固く絞った布で泥やホコリを拭き取ってください。別の布にシリコンオイルを吹き付け、エアガンの外側を丁寧に拭いていきましょう。溝に入り込んだ汚れは、割りばしやつまようじに布を巻き付けて拭き取るのがおすすめです。また、エアダスターがあればホコリを吹き飛ばすのに使うとよいでしょう。最後にきれいな布で乾(から)拭きしてください。

2-2.インナーバレルを清掃する

次に、インナーバレルを掃除しましょう。クリーニングロッドにペーパータオルを巻き付け、シリコンスプレーを吹きかけてください。インナーバレルの中にクリーニングロッドをゆっくりと入れ、回しながら上下に動かしましょう。汚れたらペーパータオルを新しくし、数回繰り返し掃除してください。最後にきれいな布で乾(から)拭きして完了です。

3.エアガンのおすすめ保管方法4選

エアガンを保管するおすすめの方法を4つご紹介しましょう。

3-1.ワイヤーネットを使って壁にかける

「エアガンを見て楽しみたい」という人には、壁にかけて保管する方法がおすすめです。100円ショップでも購入できるワイヤーネットを壁にかけ、S字フックを取り付けてエアガンを引っかけるようにして保管するとよいでしょう。エアガンを保管しながら鑑賞用としても楽しむことができます。

3-2.市販のガンラックを活用する

本棚のように収納できるガンラックは、「収納場所を取らない」「出し入れしやすい」など、メリットがたくさんあります。エアガンを立てて収納するため、収納できる数が多めなのも魅力です。市販のガンラックは見た目がおしゃれなものも多く、部屋の雰囲気に合ったものを見つけやすいでしょう。

3-3.ガンロッカーに保管する

エアガンが見えないように保管したいなら、ガンロッカーがおすすめです。もともと実銃を保管するためのものなので、作りが頑丈でエアガンを固定できる装置なども付いています。「小さな子供がいるのでエアガンを触られたくない」という家庭にも最適です。

3-4.ライフルスタンドを自作する

ちょうどよいサイズのライフルスタンドを自作する方法もおすすめです。ホームセンターで木材や釘などの材料を買ってくれば、比較的簡単に作ることができます。市販のガンラックを購入するより安く済む場合が多いため、チャレンジしてみるとよいでしょう。

4.エアガンの保管に関するよくある質問

「エアガンの保管方法について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.エアガンの保管に適しているのは、どのような環境ですか?
A.エアガンは精密機器なので、高温多湿な場所は避けましょう。熱や湿気が原因で故障してしまう可能性があります。

Q.エアガンを手入れせずに長期保管するとどうなるのでしょうか?
A.手入れを怠ると、弾詰まりを起こしたり実写性能に悪影響を及ぼしたりしてしまいます。

Q.エアガンは分解して清掃したほうがよいですか?
A.故障の原因になることもあるため、基本的に分解清掃は必要ありません。

Q.お手入れ用のシリコンオイルはどこに売っていますか?
A.ガンショップに行けば売っている場合が多いため、確認してみるとよいでしょう。必ずエアガン専用のシリコンオイルを使用してください。

Q.エアガンを保管する際の注意点は何でしょうか?
A.万が一、エアガンが落ちてきても安全であるか・倒れてきて人がケガをする心配はないかなどを確認しましょう。

まとめ

エアガンの保管について詳しくご紹介しました。大切なエアガンは、しっかり手入れをしてから適切な方法で保管しなければなりません。ぜひこの記事を参考に、エアガンを保管するためのベストな方法を知ってください。