サバゲー用の光学機器とは? 主な種類やメリット・選び方を解説!

サバゲー用の光学機器について使ってみたいとお考えではありませんか。サバゲー用の光学機器は、正確に照準を合わせるためのアイテムです。しかし、いざ購入しようとしても、どんな種類があるのか、どんな基準で選ぶといいのかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、サバゲー用の光学機器について詳しく解説します。

  1. サバゲーで光学機器を使うメリットは?
  2. サバゲー用の光学機器にはどんな種類がある?
  3. サバゲー用の光学機器を取り付ける方法
  4. サバゲー用の光学機器を選ぶポイント
  5. おすすめのサバゲー用光学機器5選
  6. サバゲー用の光学機器に関するよくある質問

この記事を読むことで、サバゲー用の光学機器を選ぶポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.サバゲーで光学機器を使うメリットは?

最初に、サバゲーで光学機器を使うメリットを見ていきましょう。

1-1.照準を合わせやすくなる

サバゲー用の光学機器を使用すると、照準を合わせやすくなるのが最大のメリットです。狙ったところにエアガンを撃つことができるので、サバゲーの腕が上がります。また、チーム戦で勝率が高まるのも魅力です。また、思いどおりにプレイできるのでサバゲーがますます楽しくなることでしょう。

1-2.本格的なプレイができる

サバゲーで光学機器を使えば、本格的なプレイができます。何となくの感覚でエアガンを撃つより、光学機器で狙いを定めて撃つほうがより本格的です。サバゲーを本格的に楽しみたい、高度なプレイをしたいのなら、光学機器を使うことをおすすめします。

1-3.ファッション性が高まる

サバゲー用の光学機器を使うと、ファッション性が高まるのもメリットでしょう。光学機器があるほうが、周囲からも注目を浴びることができます。実用性だけでなく、見た目も本格的なスタイルになるので、ますます熱が入ることでしょう。

2.サバゲー用の光学機器にはどんな種類がある?

サバゲー用の光学機器で主な種類を詳しく解説します。

2-1.アイアンサイト

アイアンサイトは、ほとんどの電動ガンに標準装備されている光学機器です。主な種類は、以下の2つになります。

  • オープンサイト:フロントサイトの突起にリアサイトのへこみを重ね、延長線上にある標的を狙う
  • ヒープサイト:小銃に標準装備されることが多く、リアサイトの形状が二重穴になっている

アイアンサイトの主なメリット・デメリットは、以下のとおりです。

  • メリット:電源不要・壊れにくい
  • デメリット:倍率を上げることができない・照準を合わせるのに時間がかかる

2-2.ドットサイト

サバゲー用の光学機器で代表的なものに、ドットサイトがあります。ドットサイトは、等倍の光学機器であり、サイトをのぞいたときに見える赤い点とターゲットを重ねて狙うのです。ドットサイトの主な種類は、以下をご覧ください。

  • オープンタイプ:ドットを投影する前面レンズが露出している
  • チューブタイプ:チューブの前後にレンズを配置したタイプ

ドットサイトには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

  • メリット:素早く狙うことができる・暗い場所でも狙いやすい
  • デメリット:電池切れが早い・本体の枠が視界に入るため見づらいことがある

2-3.ホロサイト

ホロサイトは、ホログラムを利用した光学照準です。レーザー光を特殊なレンズに投影し、照準を合わせます。ドットサイトよりもさらに視野が広く、狙った方向に撃ちやすいのが特徴です。ホロサイトには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

  • メリット:視界が広くてクリア・視認性や耐久性が高い
  • デメリット:重量がある

2-4.テレスコピックサイト

テレスコピックサイトもサバゲー用の光学機器です。長距離のターゲットを狙うために、望遠鏡機能を持っており、スコープと呼ぶこともあります。テレスコピックサイトの主なメリット・デメリットは、以下を参考にしてください。

  • メリット:遠距離のターゲットを正確に狙うことができる
  • デメリット:短距離の照準を合わせにくい・重量がある

3.サバゲー用の光学機器を取り付ける方法

サバゲー用の光学機器の取り付け方法を詳しく解説します。

3-1.エアガンの装備を確認する

光学機器を取り付ける前に、エアガンの装備を確認しましょう。すでにマウントが標準装備されている場合は問題ありません。マウントが装備されてない場合は、別途購入し取り付けることになります。マウントを選ぶときは、光学機器とエアガンの両方に合うことが必要です。

3-2.マウントに光学機器を取り付ける

マウントに光学機器を取り付けましょう。レールの溝に合わせて光学機器をはめ、マウントリングを回して固定してください。なお、光学機器によってはマウントリングが付属していないことがあるので、購入時に確認して用意しておく必要があります。

3-3.自分が見やすい位置に調整する

光学機器をエアガンに取り付けたら、自分が見やすい位置に調整してください。エアガンを構えた際、自然に目線が向く位置に取り付けるのがコツです。実際に、エアガンを構えて光学機器をのぞき、ベストな取り付け位置を探りましょう。取り付け位置が悪いと、せっかくのメリットが台無しになるのでしっかり調整してください。

4.サバゲー用の光学機器を選ぶポイント

サバゲー用の光学機器を選ぶポイントを詳しく見ていきましょう。

4-1.見やすさを重視する

光学機器をのぞいたときに、見やすいことが大切です。なるべく実物見本を実際にのぞき、照準を合わせやすいか確認してください。見やすさを確保できないと、サバゲーの楽しみが半減してしまいます。照準マークの色や明るさ調整の有無なども、見やすさに大きく影響するのでチェックしてください。

4-2.軽量・小型のものがおすすめ

サバゲー用の光学機器を選ぶときは、軽量・小型であることも大切なポイントです。サバゲー中は、サバゲーフィールドを激しく走り回ることになります。なるべく軽量・小型のものを選び、体に負担がかからないようにしましょう。ゲーム時間が長くなるほど、疲労度に大きく差が出てきます。

4-3.ローマウント対応が使いやすい

ローマウント対応のサバゲー用光学機器をおすすめします。ローマウント対応のものは、取り付ける際、エアガン本体と距離を離さず固定できるため、照準が合いやすく使いやすいからです。照準を正確に合わせ、狙ったポイントを確実に攻撃するためにも必要な条件と言えるでしょう。

4-4.実戦モデルかレプリカモデルか考える

サバゲー用の光学機器は、本格志向の実戦モデルと安価なレプリカモデルに大きく分けることができます。サバゲーで気軽に使いたいのなら、レプリカモデルでも十分でしょう。サバゲーをより本格的に楽しみたい、本物を使ってみたいのなら、高性能な実戦モデルがおすすめです。ただし、実戦モデルは、高価なのがデメリットと言えます。

5.おすすめのサバゲー用光学機器5選

サバゲー用の光学機器で特におすすめのものを5つご紹介しましょう。

5-1.東京マルイ マイクロプロサイト

本体重量が16gと超軽量のドットサイトです。ポリカーボネート製レンズを採用し、耐久性の高さでも人気があります。光量調整機能が付属しており、周囲の環境によって光量を調整することでより見やすくすることが可能です。

  • 実売価格:5,500~6,700円程度

5-2.サイトロンジャパン MD-33

実銃も対応可能な、高性能ドットサイトです。特殊強化ガラスを採用し、はっ水・はつ油・防汚コーティングを施すことにより、耐久性と手入れのしやすさを確保しています。オートモード・ナイトビジョンモード搭載で、明るさ調整に優れているのも特徴です。

  • 実売価格:40,000~48,800円程度

5-3.リアルセラ T1G

高耐久性のアルミ合金を採用することで、本体の軽量化を実現したドットサイトです。明るさを11段階調節可能で、耐衝撃・防水・くもり防止の機能を装備し、より使い勝手のよさも確保しています。安価なので、ドットサイトがどんなものか試してみたい人にもおすすめです。

  • 実売価格:2,980~3,200円程度

5-4.ベクターオプティクス VC-DOT-0004

本体後部のレバーで4種類のレティクルパターンに変更できるドットサイトです。輝度も6段階で調整可能で、使いやすい明るさに設定できます。本体はアルミ合金製で軽く、耐衝撃・防滴・防じん仕様でハードな使用環境にも向くでしょう。

  • 実売価格:5,500~5,980円程度

5-5.クレスト RSBOX ホロサイト

20mmレールに取り付け可能な、汎用性の高いホロサイトです。装着が簡単で、初心者にも扱いやすいことでも人気があります。照度は5段階調整でき、レティクルカラーは2色変更可能です。

  • 実売価格:4,900~5,700円程度

6.サバゲー用の光学機器に関するよくある質問

最後に、サバゲー用の光学機器に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.初心者でもサバゲー用の光学機器を使いこなせる?
A.はい。慣れてしまえば、初心者でも十分に使いこなすことができます。実践を重ねていくほどに、照準を合わせるコツも分かることでしょう。

Q.サバゲー用の光学機器はどこで購入できる?
A.サバゲー用品専門店・インターネットショップなどで購入できます。購入する際は、サバゲー用の光学機器を数多く扱い、選び方を丁寧にアドバイスしてくれるところがおすすめです。

Q.高価な光学機器のほうが満足度が高い?
A.一概には言えません。高価な光学機器であっても、自分に合わない、使いにくく感じるケースもあります。価格よりも、種類や機能・用途をよく考えて選びましょう。

Q.サバゲーフィールドで光学機器をレンタルできる?
A.レンタルはほぼありません。光学機器は基本的に利用者が事前に購入して持ち込むことになります。なお、エアガンのレンタルは可能ですが、持ち込んだ光学機器をセットできるとは限りません。手持ちの光学機器を使用したいときは、エアガンも自分のものを用意する必要があります。

Q.光学機器のメリットを生かせるサバゲーフィールドの特徴は?
A.以下を参考にしてください。

  • 初心者からベテランまで豊富なコースを楽しめる
  • メンテナンスが行き届いていて安全にプレイできる
  • 自然を生かしてフィールド作りをしている

なお、当ナンバーナインも、光学機器を使用して楽しむのにピッタリのサバゲーフィールドをご用意しています。ぜひ、お気軽にお越しください。

まとめ

今回は、サバゲー用の光学機器について詳しく解説しました。サバゲーで光学機器を使用すると、エアガンの照準が合わせやすくなり、本格的にゲームを楽しむことができます。ファッション性も高まるので、見た目でも満足できることでしょう。サバゲー用の光学機器を選ぶときは見やすさだけでなく、小型・軽量であることやローマウント対応などの点も忘れずにチェックしてください。なお、サバゲー用の光学機器は、信頼できるサバゲー用品専門店で購入することをおすすめします。