サバゲーでトランシーバーを使うメリットは? 選び方や使用方法も紹介!

「サバイバルゲーム(以下、サバゲー)中に味方同士で連絡を取りたいが、声を出すと敵に見つかってしまう」というシチュエーションは、決して珍しくありません。そんなときに役立つのが、トランシーバーです。サバゲーに慣れてくると、欲しくなってくるアイテムの1つでもあります。でも、いざトランシーバーを購入しようとすると、たくさん種類がありすぎてどれを選んでいいか分からない、と悩んでいる人もいるでしょう。

今回は、サバゲーでトランシーバーを使うメリットやサバゲー用のトランシーバーの選び方を紹介します。

  1. サバゲーでトランシーバーを使うメリット
  2. サバゲー用トランシーバーの選び方
  3. サバゲー中のトランシーバーの使い方
  4. サバゲーで使うトランシーバーに関するよくある質問

この記事を読めば、トランシーバーを選ぶ際の注意点や、あると便利な付属品なども分かるでしょう。サバゲー用のトランシーバーの購入を考えている人は、ぜひ読んでみてください。

1.サバゲーでトランシーバーを使うメリット

はじめに、サバゲーでのトランシーバーの使い方や注意点を紹介します。

1-1.トランシーバーは味方同士で連絡を取り合うのに便利

トランシーバーは、サバゲー中に味方同士で連絡を取り合うために利用します。個人同士で連絡を取り合うだけならば携帯電話でもできますが、トランシーバーは一度にチーム全体に連絡を取ることが可能です。なお、トランシーバーは無線機の一種ですが、一般的な無線機が送信機と受信機に分れているのに対し、送受信機が一体化しているのが特徴になっています。

1-2.トランシーバーで勝率がアップすることもある

トランシーバーがあれば、チームでより綿密な連絡を素早く取ることが可能です。危険を伝えあうのはもちろんのこと、より複雑な作戦を実行することができます。トランシーバーを使いこなせば、チームの勝率をアップさせることもできるでしょう。

1-3.高出力のトランシーバーは必要ない

日本製のトランシーバーが使える距離は、20~50mくらいです。少々短いように感じられるかもしれませんが、サバゲーでは味方同士が50m以上離れることは、ほとんどありません。ネットショップやサバゲー用品を扱う店では、海外製の高出力トランシーバーも販売されています。しかし、これらの中にはアマチュア無線技士の免許や届け出がないと使えないものもあるのです。購入するならば日本製で「特定小電力トランシーバー」と銘打たれているものにしましょう。無免許の人が高出力のトランシーバーを使うと、電波法違反で罰金刑が科せられることもあります。

2.サバゲー用トランシーバーの選び方

この項では、サバゲー用トランシーバーの種類や、選び方を紹介します。

2-1.人気メーカーはアイコムや八重洲無線

サバゲー用の無線として人気があるのは、アイコム社や八重洲無線・KENWOODなどです。価格は、数千円~1万円台が主流となっています。チームで一括して買ってもいいでしょう。なお、防水機能や防じん機能がしっかりとしている製品がおすすめです。

2-2.ネットオークションを使う場合は注意する

トランシーバーは、ネットショップや家電量販店、無線機器を扱っているショップなどで購入できます。また、ネットオークションでもトランシーバーは多数出品されているので、利用したい人もいるでしょう。ただし、ネットオークションで出品されているトランシーバーの中には、違法に改造されているものもあります。前述したように、高出力のトランシーバーは免許や届け出なしでは利用することはできません。使った時点で違法です。インターネットオークションを利用する場合は、出品者の説明文をよく読んで利用しましょう。

2-3.イヤホンやヘッドセットを利用しよう

イヤホンやヘッドセットを利用すれば、トランシーバー本体を持たなくても、通信ができます。サバゲー中はできるだけ両手を開けておきたいものです。価格は数千円なので、ぜひ一緒に購入しましょう。

3.サバゲー中のトランシーバーの使い方

この項では、サバゲーにおけるトランシーバーの活用方法について解説します。

3-1.動きの邪魔にならないようにつける

トランシーバーは、動きの邪魔にならないようにつけましょう。本体はベルトのあたりに、インカムはゴーグルのバンドに挟むのが一般的です。

3-2.感度や使い方を確かめておく

サバゲーの本番前に、トランシーバーの感度や使い方を確かめておきましょう。電波の届く範囲であっても、地形や遮蔽物によって電波の届きが悪くなることもあります。電波が届きにくい場所があれば、あらかじめチームで共有しておきましょう。

3-3.使い終わったらホコリや汚れを取っておく

サバゲー中に使ったトランシーバーは、ホコリや土で汚れています。使い終わったら、乾いた布などで汚れを拭き取っておきましょう。ホコリやチリが機材の隙間に入ると、故障の原因となります。

4.サバゲーで使うトランシーバーに関するよくある質問

この項では、サバゲーで使うトランシーバーに関する質問を紹介します。

Q.高出力のトランシーバーをこっそり使えばバレないと思うんですが、ダメですか?
A.はい。高出力のトランシーバーを使えば、違法な電波が発信され、気づかれます。

Q.トランシーバーをレンタルしてみたいのですが、可能ですか?
A.サバゲーフィールドによってはレンタルしているところもあります。確認してみてください。

Q.トランシーバーを敵チームも利用している場合、会話が聴かれそうです。
A.あらかじめ敵チームとは違うチャンネルを使いましょう。そうすれば、聴かれることはありません。

Q.トランシーバーを使う際の注意点はありますか?
A.トランシーバーは、誰が発信しているか区別がつきません。ですから、使う際はまず名乗りを上げてから用件を言いましょう。

Q.トランシーバーと無線機を混合して使うことはできませんか?
A.チャンネルが合わないので、トランシーバーで統一しましょう。

まとめ

今回は、サバゲーでトランシーバーを利用するメリットや使い方などを紹介しました。トランシーバーを利用することで、サバゲーの楽しみかたに幅が出ます。サバゲーに慣れ、いろいろな作戦を試してみたくなったり、勝率を上げたくなったりしたら、ぜひチームで購入してみましょう。