サバゲーマーカーの役割や選び方を解説! おすすめのマーカーはこれ!

1.サバゲーのマーカーの役割

前述したように、サバゲーにおけるマーカーは、敵味方を区別する識別票として使われています。敵味方の区別がつけばいいので、明確な決まりやデザインはありません。チームによっては色付きのガムテープを腕や背中など目立つ場所に貼り、マーカーとして使うこともあります。また、サバゲーショップでは、リストバンドタイプ・ワッペンタイプ・腕に巻きつける板バネタイプなどさまざまなマーカーが販売されているので、利用してみてください。さらに、サバゲーフィールドでもマーカーを貸し出しているところもあります。

2.サバゲーマーカーの選び方

この項では、おすすめのサバゲーマーカーの選び方について解説します。

2-1.サバゲーマーカーの選び方

サバゲーマーカーを選ぶ際、以下のような点に注目しましょう。

  • 遠くからでも目立つかどうか(赤や黄色などなら、識別しやすい)
  • サバゲーの邪魔にならないか(使っているうちに、ずり落ちてこないかなど)
  • 服で隠れがちにならないか(つけられる場所がたくさんあるほどおすすめ)

サバゲーマーカーは手首や腕につけるタイプが主流ですが、服装によっては隠れてしまうこともあるので、ワッペンのように貼るタイプもおすすめです。

2-2.サバゲーマーカーを販売している場所

サバゲーマーカーは、サバゲーグッズを扱っているミリタリーショップやインターネットショップで販売されています。価格は、2,000円前後が一般的です。サバゲーのチームでまとめて購入してもいいですし、チームカラーを決めてどんなタイプのマーカーを使うかは各自の自由に任せてもいいでしょう。

2-3.サバゲーマーカーは自作できる?

前述したように、サバゲーのマーカーに明確な規定はありません。ですから、チームオリジナルのステッカーなどを作ってヘルメットやゴーグルに貼り、それをマーカー代わりにしても大丈夫です。ただし、ステッカーは一度貼ってしまうと貼り直しが難しいなどのデメリットもあります。

2-4.まずはレンタルしてつけ心地を確かめてもよい

前述したように、サバゲーのマーカーはサバゲーフィールドでレンタルも可能です。まずはそれをつけてみて、自分に合ったマーカーはどのようなものか、確認してみてもいいでしょう。いきなり購入するより、失敗が少なくなります。