小物をそろえて周りに差をつけよう! おすすめサバゲー小物10選!

サバゲーは競技というだけではなくコスプレの側面も持ちます。自分の好きな軍隊や特殊部隊になりきることも、サバゲーの醍醐味(だいごみ)のひとつです。たとえば、軍の払い下げ品を使うことで「本物感」を醸し出せるようになるでしょう。サバゲーの小物のことを知って、より深くサバゲーを楽しんでくださいね。

  1. サバゲーの小物について学ぼう!
  2. サバゲーの小物を選ぶ際のポイントを押さえよう!
  3. サバゲーの小物はどこで購入するの?
  4. サバゲーの小物に関するQ&A

この記事を読むことでサバゲーの小物についてよく分かります。自分に合った小物を見つけましょう!

1.サバゲーの小物について学ぼう!

まずはサバゲーに使う小物にどうなものがあるのかを紹介します。これだ、というものがあれば導入を検討してみてください。

1-1.サバゲー初心者が知っておきたい10の小物!

1-1-1.ポーチ(アドミンポーチ・マガジンポーチ・ダンプポーチ・メディカルポーチなど)

アドミンポーチ(アドミポーチ)の「アドミン(アドミ)」はアドミニストレータの略で管理者や管理という意味があります。普段パソコン機器を使う人には非常になじみ深い言葉ではないでしょうか。つまり、アドミンポーチは小物を管理しやすいように作られたポーチとなります。本来はコンパスやGPSなどを入れておくためのポーチですが、サバゲーマーの間ではコスプレや雰囲気を出すための意味合いが強いようです。
マガジンポーチはその名称どおりマガジンを入れるためのポーチのことをいいます。リロードでBB弾を込める時間は未防備になることから、リロードの短縮に役立つマガジンポーチは比較的実用性が高いポーチです。
ダンプポーチの「ダンプ」は捨て場・捨てるといった意味を持ち、使用済みマガジンを捨てるためのポーチを指します。マガジンポーチよりも口が広いので動きながらでも簡単にマガジンを入れることが可能です。マガジンをたくさん使って戦う人にとっては、マガジンポーチに並んで重要なポーチといえるでしょう。
メディカルポーチは止血帯などを入れるポーチです。サバゲーで使用するなら絆創膏(ばんそうこう)や消毒液などを入れるといいかも知れませんね。

1-1-2.手りゅう弾・催涙弾・せん光弾

手りゅう弾にはBB弾を発射するサバゲー用のものがあります。雰囲気作りのためだけでなく実用性もあるのでおすすめです。催涙弾やせん光弾に関してはサバゲー用のものがないので、競技には役立ちません。しかし、手りゅう弾とは形状が違うので、コスプレ用としては役に立つでしょう。

1-1-3.止血帯

基本的には雰囲気を出すための小物です。しかし、サバゲーは動き回る競技なので、事故が起きたときなどに役立つかも知れませんね。

1-1-4.ケミカルライト(サイリウム)

サイリウムというとミュージックライブなどで使うイメージが強いですが、本物の軍隊や特殊部隊なども使われている道具です。たとえば、後続部隊に制圧済みの部屋をひと目で判別できるように地面へ設置したり、ナイトビジョンに特化した赤外線仕様のものを装備して敵味方の識別に使ったりしています。サバゲーでは、夜戦で敵の視認が難しい際に、相手方向に投げて使うのが一般的です。ただし、フィールドによってサイリウムが使えないこともあるので事前に規約を確認したり係員に尋ねたりしてから使用しましょう。

1-1-5.ワッペン

軍隊や特殊部隊にはそれぞれの紋章があります。コスプレをしたい方には欠かせないアイテムです。

1-1-6.シュマグ

シュマグも一般的な小物のひとつで、主に首や口を守る目的で使用します。イスラム系の兵士が顔を隠す目的でも使用している布といえば想像しやすいでしょうか。ネガティブなイメージを持つ方もいらっしゃいますが、シュマグはアメリカ軍などでも「アフガンストール」という名称で知られて使われています。何より、シュマグはサバゲーに置いては非常に有効的な防具です。素肌の露出しがちな首や顔を守ってくれるので、ぜひ使ってみてくださいね。

1-1-7.無線機

無線機があればチームメイトと離れた場所でもコミュニケートができます。使い始めると無線機なしではチーム戦ができなくなるといわれるほど便利です。

1-1-8.ベルト(リガーベルト・デューティーベルトなど)

リガーベルトは別名パンツベルトなどとも呼ばれます。一般的なベルトと使用用途は同じですが、軍用のものは非常に強度が高いのが特徴です。
デューティーベルトはポーチやホルスターを取り付けるために必要なベルトなので、比較的重要度の高いベルトといえます。

1-1-9.スコープ

銃に取り付けが可能な望遠鏡のようなものです。倍率は製品よってさまざまで、一般的なのは2~4倍スコープとなります。倍率可変機能や暗視機能などバリエーションもありますし、中にはアメリカ軍の払い下げ品が売られていたりもするので、愛好家の多い小物です。もちろん実用性も高いので、導入してない方にはぜひともおすすめします。

1-1-10.タクティカルライト

銃に取り付けられるものや警察が使うペンライトなど、いくつか種類があります。特に、銃に取り付けるタイプのライトは夜戦で役立ちおすすめです。ものによってはストロボ機能などもあるので、戦況によって使い分けましょう。

1-2.小物で差がつく!?

ここまでご紹介してきたように、サバゲーの小物には実用性の高いものも多くあります。特にマガジンポーチ・ダンプポーチ・シュマグ・ベルト・スコープ・ライトあたりの小物はそろえておいて損はないでしょう。また、見た目が本格的で、こなれたように見えるので相手を警戒させる効果もあります。本格的にサバゲーをやろうと考えている方は、ぜひ小物をそろえてください。

2.サバゲーの小物を選ぶ際のポイントを押さえよう!

小物を選ぶ際にも気をつけておくべきポイントがあります。ポイントを押さえることで、より自分に合った小物を見つけることが可能です。

2-1.選び方のポイント

小物選びのポイントは「優先順位を決める」ことです。つい、あれもこれも欲しくなってしまいますが、一度にすべてそろえるのは金銭的にも大変でしょう。ですから、まずは今自分が一番必要としているものを決め、順に買っていくのがポイントです。迷ったらスコープ・ライト・ベルト・シュマグ・ポーチのどれかから選ぶと良いでしょう。

2-2.ほかと差がつく小物とは?

数ある小物の中でも、無線機は使っているチームと使っていないチームで大きな差が出ます。差をつけるなら無線機は絶対に取り入れたい小物です。また、スコープもいいでしょう。BB弾は非常に風や空気抵抗の影響を受けやすいので、サバゲーにおけるスコープの重要性は実銃に勝るとも劣りません。スコープを使うことでヒット数を上げることに役立つでしょう。ほかにも、夜戦を頻繁にやるならライトも効果的です。

2-3.小物を購入する前の注意点

体に身につける小物は、自分の体型に合うかどうかを確認することが大切です。また、スコープやライトは装着を想定している銃に取り付けが可能なタイプかどうかを確認しましょう。

3.サバゲーの小物はどこで購入するの?

サバゲーに使う道具は普通のショッピングセンターなどにはありません。では、どこで購入すればいいのかを学びましょう。

3-1.購入場所

購入場所として一般的なのは以下の3つです。

  • ミリタリーショップ
  • サバゲーフィールド内のショップ
  • 通販サイト

ミリタリーショップはエアガンを含めたミリタリー系のアイテムを売っている専門店です。品ぞろえが良く、店員さんも知識が豊富なので相談もしやすいのがメリットとなります。デメリットは店の数が多くなく、しかも都市部に集中してるので地方や郊外にお住まいの方はアクセスしづらい点です。
サバゲーフィールド内のショップのメリットは、欲しくなったときに欲しいものが手に入るお手軽感が一番に挙げられます。また、当然店員はミリタリーグッズの知識が豊富ですし、周りにはいくらでも詳しい方がいますので相談先には困りません。デメリットは品ぞろえです。一般的なアイテムは一通りそろっていますが、マニアックなものまではありません。
通販のメリットはどんなものでも手に入るという点です。品ぞろえではほかの2つとは比べものになりません。ただし、実物を見ることができないので、実際に購入すると想像と違うケースがあります。また、当然店員はいないので相談することもできません。さらに、最近は詐欺サイトも増えてきており注意が必要です。

3-2.小物の費用相場はどのぐらい?

小物の種類によって値段は違いますし、同じ小物でもどこのブランドなのかや軍用なのかなどによって値段は違います。価格比較サイトを使うと相場が把握しやすいので、積極的に使っていくと良いでしょう。

3-3.使用方法を守ろう

小物にはそれぞれに適した使用方法があります。正しい使用法を守らないと壊れたりケガをしたりする原因となるので気をつけましょう。

3-4.手入れを欠かさずに!

銃の手入れをする人は多くても、小物にまで気を回す方はあまり多くはありません。しかし、スコープのように割れやすいものや無線機のような機械は日々の手入れが長持ちさせるポイントです。小物も安いものばかりではありませんから、長く使い続けられるように手入れを怠らないようにしましょう。

4.サバゲーの小物に関するQ&A

Q.小物は絶対に必要ですか?
A.遊ぶだけなら小物がなくても問題ありません。小物はあくまでサバゲーをより深く楽しむためのファクターでしかないからです。小物の導入はサバゲーに慣れてきてからでも良いでしょう。

Q.インドアフィールドでも手入れは必要となりますか?
A.インドアフィールドはアウトドアフィールドに比べて汚れにくいのは事実です。しかし、インドアでも空気中には意外と埃(ほこり)や砂埃(ぼこり)が舞っていて、気が付かない間に汚れてしまいます。できれば競技後は毎回手入れをするようにしましょう。

Q.小物はサバゲーフィールドで借りることはできますか?
A.サバゲーフィールドにもよりますが、多くのサバゲーフィールドではプレーに必要な小物しか貸し出していません。たとえば、ゴーグルのようにプレーに必要な道具です。プレーに必ずしも必要ではないポーチなどは貸し出していないことが多いでしょう。

Q.払い下げ品とは何ですか?
A.官公庁などが保有する資産を民間に売り渡すことを払い下げといいます。ですから、仮にアメリカ軍の払い下げ品なら、実際にアメリカ軍で使用されていたものということです。

Q.小物はどこで購入するのが最適でしょうか?
A.初心者のうちはサバゲーフィールド内のショップやミリタリーショップで、店員さんのアドバイスを受けながら購入するのが最適です。通販は知識がついてくる中級者以降の方におすすめします。

まとめ

いかがでしたか? サバゲーに使われる小物は、ポーチを始めとして多種多様です。そのすべてを一気にそろえるのは大変ですから、まずは優先順位を決めて少しずつ集めていくことをおすすめします。どの小物もサバゲーをやる上で必ずしも必要というわけではありません。しかし、あることでよりサバゲーを深く楽しめるようになります。今回の記事を参考に、ぜひ小物の導入を検討してみてくださいね。