エアコキって何のこと? サバゲー初心者が知っておくべき5つのこと!

3.サバゲーに使えるエアコキの選び方

エアコキというとハンドガンをイメージしがちですが、エアコキにもさまざまな種類があります。戦い方に合わせたエアコキを選び、ライバルに差をつけましょう!

3-1.メインウェポンとサブウェポンの選び方

メインウェポンとして考えているのなら、前述したようにスナイパーライフルかショットガンを選びましょう。エアコキのハンドガンをメインウェポンとして使うのは上級者でもなかなか難しいので、初心者のうちは避けたほうが無難です。
サブウェポンとして考えているのならハンドガンがよいでしょう。ハンドガンにはリボルバーとオートマチックがあります。リボルバーは見た目がかっこいいので愛好家も多くいますが、装弾数が少ないうえに装弾もしにくいので実用的ではありません。オートマチックを選びましょう。

3-2.選び方のポイント

一口にエアコキのハンドガンといっても数十種類もあります。値段も同じエアコキなのに数千円の差が出ることも珍しくはありません。多くの初心者の方は何が違うのか、どれを選べばいいのかと悩まれていることでしょう。結論からいってしまうと、どれを選んでも大きな違いはありません。飛距離やホップ性能など、多少の違いはありますが大きな問題とはならないでしょう。自分の好みのデザイン・モデルの銃を選んでかまいません。ただし、できるだけ装弾数が多い銃のほうが扱いやすくおすすめです。

3-3.サイズと重量について

高価なエアガンはリアリティを出すためにわざと重量を重くして実銃に近づけています。特にライフルやショットガンはその傾向が多いので注意が必要です。購入するときにはそれほど重く感じなくても、いざサバゲーをプレーすると長時間持っている必要が出てくるので疲労が大きくなることがあります。特に女性などは気をつけましょう。

3-4.人気のブランドって?

エアガン自体の製造メーカーとしては東京マルイが一番人気です。子供向けの安価なものから、本格志向のエアガンまで豊富にラインナップをそろえており、品質も非常に高いと評価されています。
ハンドガンの人気モデルとしては以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • コルト M1911A1ガバメント
  • M92F ミリタリーモデル
  • グロック17

次にスナイパーライフルの人気モデルです。

  • TYPE96
  • VSR-10
  • M40A5

最後にショットガンの人気モデルとなります。

  • M37
  • M3
  • スパス12

3-5.自分に合ったエアコキ選びの注意点

一番重要なのは性能よりも好みとなります。どんなに性能がよくてもデザインや柄などが気に食わないと楽しさも半減です。サバゲーはスポーツである前にレジャーですから、自分が楽しむことを一番にエアーガンを選びましょう。

4.サバゲーに使うエアコキはどこで購入すればいいの?

エアコキの購入方法はいくつかあります。購入時に困らないように、購入場所を把握しましょう。

4-1.購入場所:それぞれの方法とメリット

エアーガンの購入場所は主に以下の4とおりです。

  • ホビーショップ
  • 通販
  • サバゲーフィールドのショップ
  • エアガン専門店(サバゲー専門店)

おすすめはエアガン専門店となります。店員さんはエアガンやサバゲーに詳しいので、購入するときには相談ができますし、何よりも豊富に種類を取りそろえているのが大きなメリットです。サバゲーフィールドのショップも店員さんの知識があるので初心者の方におすすめできます。ただし、どちらも数が多くなく、お住まいの地域によっては気軽に訪れることができない点が大きなデメリットです。
また、通販サイトは、ほぼすべてのエアーガンを入手できるのが大きなメリットとなります。ただし、実物を見られないので予想よりも見た目が安っぽかったり、重すぎて使いにくかったりといったリスクを覚悟しなければいけません。
ホビーショップは前者と後者のメリット・デメリットを打ち消しあったような存在です。また、店の規模にもよりますが、ラインナップが少ないので人によっては物足りないでしょう。

4-2.エアコキの価格相場

ハンドガンなら2,000~4,000円程度でしょう。スナイパーライフルなら20,000~50,000円程度、ショットガンなら20,000~30,000円程度です。スナイパーライフルやショットガンは高価なので、購入時にはしっかりと吟味してください。

4-3.手入れ方法について

エアコキはもともと壊れにくいので、あまり神経質に手入れをしなくても大きな問題はありません。ですが、手入れを怠ると、場合によっては性能が著しく落ちることもありますし、寿命を延ばすうえでも重要です。できるだけ、以下の3つの点検は定期的に行いましょう。

  • バレルクリーニング
  • 外部点検
  • マガジン点検

バレルクリーニングとはエアガンの銃身内部を専用の道具で掃除することです。サバゲーフィールドでエアガンを長時間使用していると土埃(つちぼこり)などが銃身内部に少しずつ付着していきます。これらが付着したままだと集弾半径が広くなったり、飛距離が落ちてしまったりするなどのデメリットがあるので注意が必要です。
外部点検ではネジ類の緩みやスコープ・ダットサイトなどのガタつきがないかなどを調べます。たとえば、ダットサイトがガタついていれば正確に狙いをつけることができず敵にあたりません。最高のパフォーマンスを発揮するうえで非常に重要です。
マガジン点検ではスプリングの状態や埃(ほこり)や砂などの異物が入っていないかを確認します。スプリングが緩んだりマガジン内部が汚れたりすると給弾不良のリスクが高まるからです。ネジを緩めて分解してメンテナンスを行ってください。ただし、マガジンはめったに壊れないので、比較的優先度は低めです。