夏にサバゲーを楽しむ方法を解説! おすすめの装備や服装も紹介

3.夏にサバゲーを楽しむためのコツ

夏にサバゲーを楽しむためには、以下のようなことに注意しましょう。

  • 必ず水分と塩分を持ち歩き、常時補給をする
  • 高原など涼しい場所でサバゲーを行う
  • 事前に天気予報を確認し、猛暑日の場合はプレイ時間帯を午前中や夕刻にするなど工夫をする
  • ゲリラ豪雨に注意する。雷が鳴ったら雨が降っていなくても即撤収を心がけること
  • 盛夏のときは、風通しのよい室内のサバゲーフィールドでプレイする

夏は、突然の雨や雷にも注意が必要です。特に、広い平原のような高いものがない場所で雷鳴を聞いたら、すぐにプレイを中断して車の中などに避難しましょう。

4.夏のサバゲーに関するよくある質問

この項では、夏のサバゲーに関するよくある質問を紹介します。

Q.夏の夜にサバゲーをしようと考えているのですが、注意点はあるでしょうか?
A.安全には十分気を配り、18歳未満は参加させないようにしてください。夜のプレイはサバゲーフィールドで行うのがおすすめです。

Q.川辺でサバゲーをすれば、涼しくてとてもいいと思うのですが可能でしょうか?
A.川辺は、夏になるとレジャースポットになります。また、自治体が管理しているので、サバゲー等はできないところが大半です。上流で人がいなさそうな場所でも、勝手にサバゲーを始めないようにしましょう。

Q.蚊取り線香を腰につりさげるのは、虫よけの効果が期待できますか?
A.一定の効果は期待できますが、過信してはいけません。長袖長ズボンを着てサバゲーをしてください。

Q.夏の装備は他のシーズンでは使えないのですか?
A.そんなことはありませんが、早春や晩秋は夏の装備では防寒に問題があります。

Q.夏は自然の野山よりサバゲーフィールドを利用した方がいいでしょうか?
A.はい。サバゲーフィールドならば夕刻から夜にかけての涼しい時間にプレイができるうえ、シャワーを備えてある施設もあります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、夏にサバゲーを楽しむための装備や服装について解説しました。夏は長期休暇を設けている企業も多く、「休みの日にサバゲーをしたい」という人も増えます。ですから、熱中症対策や虫よけ対策をしっかりと行って楽しみましょう。長時間歩きまわる場合は、水分だけでなく塩分の補給も必要です。また、野山で行うよりサバゲーフィールドで行った方が、安全にサバゲーを楽しめるでしょう。サバゲーをする時間も、日中より午前中や夕刻など気温が下がるときがおすすめです。