サバゲーのヘルメットを選ぶポイントとは?~種類・特徴について~

1.サバゲーのヘルメットについて

サバゲーのヘルメットとは、どのような特徴があるのでしょうか。サバゲーに適したヘルメットを選ぶためにも、きちんと目的・必要性を理解してくださいね。

1-1.サバゲー用のヘルメットとは

さまざまな種類がありますが、サバゲー用のヘルメットは固定するための「あご紐(ひも)」がついています。フィールド内を自由に動きまわることが多いため、あご紐でしっかり固定しておかなければなりません。イメージとしては、自衛隊がつけているヘルメットに似ています。迷彩柄の帽子を選ぶ方もいますが、BB弾が当たったときの痛みがダイレクトに伝わる可能性があるのです。ダメージを抑えるためには、しっかりとしたヘルメットを選択したほうがよいでしょう。

1-2.目的・必要性

サバゲーは、敵同士でBB弾を撃ち合いながら行うゲームです。そのため、敵から放たれたBB弾が頭へ当たる可能性があります。サバゲー用のヘルメットは、撃たれてもケガをしないように身を守る大切な装備です。また、BB弾だけでなく、木の枝・草が頭に触れたり、髪の毛に絡まったりすることもあります。地面を這(は)ってすすむときは、石に当たってケガをすることもあるのです。
フィールドの中には、ヘルメット着用が義務づけられているところもあるので注意してくださいね。

2.サバゲーのヘルメットの選び方

それでは、サバゲーのヘルメットの種類・選び方のポイントなどについて解説します。

2-1.どんなタイプ、種類があるか

サバゲーのヘルメットの種類は多種多様です。主な種類とその特徴を、以下にピックアップしたのでぜひ参考にしてください。

  • OPS-COREタイプ

サバゲー用ヘルメットの中でも、よく見かけるタイプです。「OPS-CORE」はヘルメットを製造している会社名で、さまざまな種類を扱っています。OPS-COREタイプの特徴は、レールマウントがついていることと、耳まわりが大幅にカットされていることです。レールマウントとはスコープなどの各種アクセサリーを装着するためのレール(土台)で、レールマウントとも呼ばれています。

  • FASTタイプ

OPS-CORE社が開発しているヘルメットのシリーズ名です。FASTタイプの特徴は、Occ-Dialと呼ばれるダイヤルとなります。後頭部などにあるダイヤルをまわすだけで、ストラップのサイズ調整が可能です。頭の形に合わせて、ベストなサイズが選択できるでしょう。

  • MARITIME(マリタイム)タイプ

OPS-CORE社が開発しているヘルメットの種類です。MARITIMEは、耳の部分が大きく開けてあるのが特徴といえるでしょう。そのため、ヘッドセットなどの機器がつけやすくなっています。サバゲー装備を充実させたい方におすすめです。

  • フリッツタイプ

レールマウントなどがついていないシンプルなヘルメットです。そもそも、「フリッツ」という言葉はドイツ軍を意味する俗語で、正式なヘルメットの名称ではありません。つまり、フリッツタイプと記載されているヘルメットは、「ドイツ軍風ヘルメット」という意味があります。フリッツタイプの後に「ACH」「MICH」「PASGT」というアルファベットが記載されていることがほとんどです。

  • ACHタイプ

アメリカ陸軍などで採用されている戦闘用ヘルメットです。ヘルメット外殻(がいかく)・7つのクッションパッド・ハーネス型あご紐部の3点で成り立っています。

  • MICHタイプ

ACHタイプと似ている種類です。MICHタイプの特徴は、通信用ヘッドセットでしょう。仲間とやり取りしながらゲームをすすめたい方におすすめのタイプです。

  • PASGTタイプ

アメリカ軍で採用されていた戦闘用ヘルメットを参考にしています。ヘルメット前部には暗視装置などを装着することが可能です。

2-2.選び方のポイント

ヘルメットを選ぶときは、きちんと頭を保護できるかどうかが大きなポイントです。インターネットで購入することもできますが、実際に装着して、強度やつけ心地を確認したほうがよいでしょう。激しく動いてもズレないかという確認も必要です。また、頭と顔の全体がヘルメットでおおわれている「フルフェイス」タイプもあります。防御性が最も高いですが、重量があるので動きにくく呼吸がしづらいデメリットがあるでしょう。自分のサバゲースタイルに合わせて選ぶのも、大切なポイントですね。

2-3.人気のブランドについて

人気があるのは、さまざまなシリーズ・種類を発売している「OPS-CORE社」のヘルメットです。米軍のレプリカを販売しているため、サバゲーならではの空間を装備から楽しむことができます。ほかには、サバゲー関連のアイテムを販売している有名ブランド「東京マルイ」などです。さまざまなブランドを比較して、デザインと機能性で選ぶのもよいでしょう。

2-4.値段の相場

ヘルメットの価格は、1,500円で手に入るものから3万円するタイプなど幅広い傾向があります。レプリカなら5,000円以下で購入できるでしょう。有名ブランドの人気タイプなら、数万円かかる可能性があります。また、鉄・ERP(貴金属の素材プラチナ)・ABS樹脂など素材によっても価格が異なるでしょう。

2-5.注意点

雰囲気を楽しみたい、とサバゲーの装備をデザイン重視で選ぶ方がいるでしょう。しかし、デザインばかりに注目すると、大切な頭を守ることができなくなる可能性があります。デザインがよくても、使いづらかったり、BB弾の衝撃が伝わったりすることもあるのです。デザインだけでなく、機能・防護性についてもきちんと確認しておきましょう。