サバゲーのフラッシュライトって何? ミリタリーライトの基礎知識!

3.サバゲーのフラッシュライトの使い方

3-1.使用方法

種類にもよりますが、サバゲーで最も多く使われている銃口設置型は、まず銃の先に取り付けるところから始まります。設置したら、スイッチ(もしくはレバー)を操作して点灯しましょう。製品によってはモーメンタリ機能のあるタイプもあります。モーメンタリ機能とはスイッチを押している間だけ点灯する機能のことです。サバゲーで長い時間点灯し続けることはまれなので、モーメンタリ機能のあるライトをおすすめします。

3-2.手入れ方法

一番簡単な手入れ法は、無水エタノールを使った方法です。いくつかのパーツに分解して、無水エタノールをつけた布などで汚れの目立つ部分を拭きましょう。また、錆(さび)が目立つようであればKURE2-26などの電気装置用防さび材を使って汚れを落としてください。手入れ時の注意点として、水を使うのはやめましょう。電気装置なので、水を使って掃除をすると故障の原因となります。

3-3.使用時の注意点

メーカーにもよりますが、基本的にフラッシュライトのレンズ部分はガラスです。そのため、被弾するとひびが入ったり割れたりすることがあります。ですから、使用時にはカバーを取り付けておきましょう。カバーは、ポリカーボネート製のものが頑丈なので、おすすめです。

フィールドのレギュレーションを確認しておくことも忘れてはいけません。レギュレーションによっては明るさに制限(ルーメン数や電池の数)されていることがあるからです。また、高速点滅(ストロボ機能)も使える場所と使えない場所があります。レギュレーション違反をすると、最悪、出入り禁止になるので注意しましょう。

4.サバゲーのフラッシュライトの購入について

4-1.購入できる場所について

4-1-1.ミリタリーショップ

最も代表的なのはミリタリーショップでしょう。ミリタリーショップは主にサバゲーに使われる道具を中心に販売しています。そのため、サバゲーに最適のフラッシュライトを見つけやすいでしょう。しかも、店員もサバゲーに詳しいので、おすすめのフラッシュライトや特徴などについても詳しく聞くことができるのも利点です。

4-1-2.サバゲー会場

サバゲー会場のショップでも購入することができます。サバゲー会場で購入する利点は、なんといっても周りにたくさんプレーヤーがいる点です。迷えば上級者の方からアドバイスをもらうことができます。また、当然のことながらスタッフも全員サバゲーに関する知識が豊富です。スタッフにアドバイスをもらって、自分に合ったフラッシュライトを選ぶことができるでしょう。ただし、ショップのない会場もあるので注意してください。

4-1-3.インターネット

最近はサバゲーがスポーツとしての市民権を得てきたこともあり、ネット通販で簡単に購入することができます。ネットの利点は手軽であるということです。しかし、自分で試してみることができないので、想像とは違ったものが届くリスクも覚悟しておきましょう。初心者の方にはあまりおすすめできません。

4-2.レンタルについて

サバゲー会場などでは装備のレンタルをしていることがあります。ただし、すべての会場で借りられるわけではありません。ナイター戦を定期的に開催している会場では、フラッシュライトを借りることができるでしょう。

4-3.レンタル料の相場

運営会社によって違いますが、フラッシュライト単品であれば数百円程度です。装備一式となると、3,500円~4,000円程度となるでしょう。

4-4.注意点

明るさ(ルーメン)に注目しましょう。サバゲーで使うのであれば、最低でも60ルーメンはないと実用的とはいえません。できれば、100~200ルーメンは欲しいところです。