サバゲーで双眼鏡を使いたい! 軍用のものでなくても大丈夫?

3.双眼鏡の購入方法

この項では、双眼鏡の購入方法や購入の際の注意点を紹介します。どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

3-1.販売場所について

双眼鏡は、アウトドア用品店やミリタリーショップなどで販売されています。安価なものならホームセンターでも販売されているでしょう。中古品市場も活発で、インターネットオークションにも多数出品されています。

インターネットショップの方が安価に購入しやすいですが、初心者は見え方や持った感触などが確かめられるので、店舗で購入する方がおすすめです。

3-2.買い方について

双眼鏡の値段は数千~数万円と幅があり、安価でも品質のよいものが豊富です。しかし、中には対象物が歪んで見えたりぼやけて見えたりするものもあります。安価なものほどメーカー製の商品を選び、可能ならば見え方をチェックしてから買いましょう。そうすれば、失敗することも少なくなります。

3-3.中古品を選ぶ際の注意点

サバゲーで双眼鏡を使用すれば、どうしても汚れたり傷がついたりします。ですから、中古品で十分という方もいるでしょう。また、軍の放出品はほとんどが中古品です。中古品は専門店のほか、インターネットオークションでも販売されています。オークションには、時として掘り出し物が出品されていることもあるでしょう。うまくいけば良い品を安く手に入れられるかもしれません。
その一方で、手入れがされていないジャンク品も出品されています。オークションを利用する場合は、値段だけでなく記載されている写真や注意書きを良く読んだうえで入札しましょう。

3-4.レンタルという方法もある

双眼鏡はサバイバルゲームで使用するアイテムの中では、それほど高価なものではありません。とはいえ、安いものでも数千円はします。また、使う場所も限定されるので、「欲しいけれど買う踏ん切りがつかない」という方もいるでしょう。そのような方は、サバゲーフィールドで双眼鏡をレンタルしてみるのも一つの方法です。

サバゲーフィールドとは、サバゲー専用に運営されている場所を指します。初心者でも安全にサバゲーが楽しめるほか、1人でもサバゲーが楽しめる講習会などを行っているフィールドもあるのです。道具のレンタルも行っているので、利用してみましょう。

なお、双眼鏡は通常のレンタルショップでも借りることができますが、サバゲーをしている最中に汚したり傷をつけたりしてしまう可能性があります。可能な限りレンタルはサバゲーフィールドで行いましょう。

4.サバゲーにおける双眼鏡の使い方

双眼鏡というと首からぶら下げて持ち歩くイメージがありますが、サバイバルゲームでは首からものをぶら下げると移動の邪魔になります。また、ひもが木の枝や茂みに引っかかると危険です。双眼鏡は敵から遠く離れた場所で使います。索敵が終了したら専用のケースやバックパックのポケットに入れて移動しましょう。小型の双眼鏡でしたら、ポケットに入るものもあります。

サバゲーが終了したら、双眼鏡はほこりや汚れを払い、風通しの良いところで湿気を取った後で湿度40%くらいの場所で保管しましょう。レンズにカビがつかないように定期的にマイクロファイバー製の布でふくと、長持ちします。