サバゲー初心者は必見!サバゲーフィールドのルールや会場の選び方

3.サバイバルゲーム専用フィールドの選び方

サバイバルゲーム専用フィールドの選び方

サバイバルゲーム専用フィールドで遊ぶメリットやフィールドの種類・サービス・設備の違いについて説明します。サバゲーを楽しむためにも知っておきたい内容です。

3-1.サバゲ―専用フィールドのメリット

サバゲー専用のフィールドは誰でも楽しめるよう整備されています。また、実際に戦うフィールドのそとには休憩のためのテーブル・イスや更衣室・トイレ・自動販売機などそろっているのです。整地されていないフィールドでは利用できない施設が充実しています。1日中楽しめるのもサバゲー専用フィールドならではでしょう。

3-2.サバゲー専用フィールドの種類

サバゲー専用フィールドの種類は大まかに「インドア」と「アウトドア」があります。サバゲー=そとでおこなうものと思いがちですが、室内でサバゲーが楽しめるインドアフィールドもあるのです。インドアでは、室内独特の暗さ・狭さでサバゲーを楽しむことができます。インドア戦は接近戦が増え、アウトドア戦は遠距離戦になるでしょう。サバゲー上達者になれば、フィールドによって使用するエアガン・装備を変えてきます。

3-3.サービス・設備の違い

サバゲー会場によってサービス・設備に違いが出てくるでしょう。たとえば、業界最大手の千葉県にあるNO.9(ナンバーナイン)では初心者・女性でも安心できるサービス・設備が充実しています。女性専用の更衣室や温水洗浄便座完備・個室シャワーなど女性にうれしいサービスが充実しているのです。また、アウトドアにもかかわらず衛生面を最大限に考慮しています。

NO.9:https://www.no9-co.jp/

4.サバゲー会場の設備・人気のサービスとは

サバゲー会場の設備・人気のサービスとは

サバゲー会場の設備やサービスについてもっと詳しく掘り下げていきましょう。安心してサバゲーを楽しむためにも設備・サービスのチェックは必要不可欠です。

4‐1.女子受けのいいサバゲー設備

女性にとって気になるのは「衛生面」「安全性」の2つになるでしょう。女子に人気があるといってもサバゲーの参加率は男性のほうが圧倒的です。恋人と参加したいけれど着替える場所がない、安心して汗をかけないなど女性ならではの心配事が出てきますよね。そんな女性の不安に応え、「女性専用」のシャワー室や更衣室を設置しているところもあるので安心してください。水まわりがキレイだと安心して参加できますね。

4‐2.レンタル

初心者の場合、サバイバルゲームの装備や服装に悩みがちです。用意したけれど間違っていないかどうか不安になる気持ちはわかります。不安になったときはレンタルを利用してください。サバゲーフィールドの「NO.9」では服上下・ゴーグル・電動ガンの一式セットが3,800円でレンタルできますよ。レンタルサービスが充実していると初心者でも安心です。

4‐3.食事

1日中遊ぶ場合、食事をフィールド会場でとることになります。きちんと設備を整えているフィールドでは食事ができるスペースを設けているのでゆっくりできるでしょう。ご飯を持ち込むのもOKですが、食事を提供しているフィールドもあります。ただし、予約制・ナイトゲーム時は利用できないなどルールが決まっているので注意してください。ちなみに、「NO.9」では女性のお食事無料サービスをおこなっています。

4‐4.イベント

サバゲー初心者はイベントが充実しているフィールドをおすすめします。イベントとは、フィールドが主催しているゲームのことです。1人からでも参加できるイベントが充実しているといつでも気軽に参加できるでしょう。「初心者なので参加しづらい…」と思っている方はフィールドスタッフが完全サポートするイベントに参加してみてください。スタッフが一から丁寧に教えてくれますよ。

4‐5.初心者が1人で行けるサバゲー会場とは

実際、サバゲーが始まると1人ぼっちの参加は関係ありません。仲間と協力し合うのが前提のゲームなので、知らない人ともすぐ交流できます。しかし、初めてサバゲーに挑戦する方にとっては不安でいっぱいになっているでしょう。不安で仕方がない方は大規模のサバゲー会場に行ってください。大規模で人気のあるフィールドほど多くの人が集まります。1人での参加者が多いので、心細い気持ちも薄れるものです。

4‐6.その他・人気のサービス

人気の高い「NO.9」フィールドにはシューティングレンジが完備されています。シューティングレンジとは、ゲーム前の試射・調整ができる場所のことです。最長45mでシューティング練習ができます。サバゲーでスナイパー銃を使ってみたい方は、ぜひシューティングレンジで試し撃ちをしてみてください。