サバゲーの定例会に参加しよう!初心者でもOKのサバゲー定例会とは?

3.サバゲー定例会の魅力

サバゲーの戦略が難しい、戦闘服の準備が大変…と思っていませんか?定例会では初心者が抱く悩みを解決してくれます。これから、サバゲー定例会の魅力をご紹介しましょう。

3-1.初心者、一人からでも参加できる

サバゲー定例会の大きな魅力といえば、初心者・一人からでも参加できることです。一人ではできないサバゲーだからこそ、定例会によって仲間をつくって戦うことができます。フィールドによっては、初心者講座と題した定例会も開催されているので安心してください。

3-2.さまざまな人と交流できる

実際に、サバゲー定例会に参加した人はほとんどの人が「仲間ができてうれしい」といっていました。サバゲー定例会には女性、男性、20代の若者から年長者までさまざまな人が参加します。一人で参加してもサバゲー仲間をつくることができ、より一層楽しめるでしょう。定例会で出会った仲間と一緒にさまざまな戦い方ができますね。

3-3.サバゲーの装備、服装がレンタルできる

サバゲー初心者の場合、服装や装備はどうすればいいのか悩みます。定例会ではサバゲーに必要なものをレンタルできるので初心者でも安心して参加できるでしょう。主催者によってはサバゲー初心者装備セットを提供しているところもあります。

4.サバゲー定例会の参加方法

サバゲー定例会の参加方法について説明します。参加する前にサバゲーのルールや定例会の種類をきちんと把握したうえで申し込みをしなければなりません。参加資格やマナーなどの心得、サバゲーの費用など詳しく見ていきましょう。

4-1.参加資格

基本的にサバゲー定例会の参加資格はありません。初心者、上達者、ライトユーザー、誰でも参加できます。ただし、小さい子ども、未成年は参加できないというルールもあるので注意してください。参加資格が記載されていないかどうか、初心者でも参加できるのか、定例会の目的・内容を確認したほうがいいでしょう。

4-2.一人の場合、初心者の場合

サバゲー定例会に一人で参加する場合、フィールドのホームページ、または、電話で申し込みができます。人数が決まっている定例会では人数が集まりしだい、締め切られる可能性があるでしょう。人気のあるフィールドでは、できるだけ早めの申し込みをおすすめします。また、初心者の場合は初心者向きの定例会に申し込んでくださいね。

4-3.ルールやマナーなどの心得

サバゲー定例会での心得は「まわりの人への気遣いを忘れないこと」です。定例会では一人での参加者や初心者が多く集まります。初めて会う人ばかりなのでトラブルも起こるでしょう。そのため、主催者がわは参加者へ呼びかけています。経験者は初心者に優しく教えてあげる、初心者はまわりへの配慮を忘れないなどルールを守ってサバゲーを楽しみましょう。

4-4.スケジュール

月1回~4回が定例会のスケジュールになります。ただし、スケジュールの詳細はフィールドによって異なるでしょう。ホームページや電話できちんと確認してくださいね。フィールドによっては土日・祝日限定、平日に開催しているところもありますよ。

4-5.持ち物について

定例会に参加するとき、持っていくものとはどんなものなのでしょうか。ほとんどのフィールドではサバゲーのインドア・アウトドアに必要な装備・服装を貸し出しています。最低限持っていってほしいものをあげると、汗をふくタオル、定例会に必要なお金、着替えです。服装を自分で準備する場合、肌が見えない長袖、ズボン、ブーツを持参するといいでしょう。

4-6.装備について

サバゲーを楽しむにはエアガンやBB弾など装備が必要です。ほとんどのフィールドで装備の貸し出しをおこなっています。何を準備したらいいのかわからない人は、フィールドでレンタルしてください。また、サバゲー関連の商品を販売しているお店では、初心者向きの装備を販売しています。サバゲー初心者の銃の中には安いものもあるので、ぜひチェックしてみてください。ちなみに、初心者におすすめのエアガンは「電動ガン」です。

4-7.料金について

定例会の参加費用は開催場所のフィールドによって異なります。目安としては2,000円~3,000円です。開催日や性別によっても多少値段が変わるでしょう。ホームページなどで定例会の料金が記載されています。参加する前に必ず確認してくださいね。

4-8.申し込み方法

サバゲー定例会の参加方法はインターネットからのオンライン予約、または電話予約のどちらかになります。フィールドによっては、当日人数に余裕があれば直接申し込みができるでしょう。しかし、必ず定例会に参加したいときは事前に予約したほうが良いですよ。

4-9.注意点

初めて会う人とチームを組み、サバゲーを楽しむのが定例会です。ときには、他人のルール違反が気になることもあるでしょう。ルール違反にイライラしますが、気にしないことが大切です。他人のルール違反を気にせず、自分はルールをきちんと守りましょう。もし、どうしても気になる場合は主催者に相談するといいですよ。