サバゲーの定例会に参加しよう!初心者でもOKのサバゲー定例会とは?

1.サバゲー(サバイバルゲーム)の定例会とは

幅広い世代に人気のあるサバゲー。これから始めようと思っている人は定例会について知っておいたほうが役立ちます。では、一体、サバゲーの定例会とはどんな内容なのでしょうか。

1-1.誰でも自由に参加できるサバゲー

サバイバルゲームの定例会とは、誰でも自由に参加できるサバゲーのことです。仲間を集めてチーム同士で戦うサバゲーは、一人でできません。しかし、サバゲー参加者を自分だけで集めるのは大変です。そこで、定例会に参加すれば一人で参加しても参加者同士でチームを組み、サバゲーを楽しむことができます。

1-2.定例会の主催者

サバゲー定例会の主催者はサバゲーフィールドを運営しているところです。「(地域) サバゲー フィールド」と検索すれば、全国のサバゲーフィールドがたくさん出てきます。サバゲーフィールドの運営者が定期的に開催しているのが定例会です。そのため、初心者でも安心して参加できます。

1-3.定例会の場所

サバゲーの場所は森や林の中です。戦闘をおこなうゲームなので、広い場所が必要になります。また、サバゲーは屋外だけではありません。インドア戦も開催されています。インドア戦の場合、室内でおこなうため雨や風など天候に左右されません。定例会といっても種類、場所はさまざまです。

2.サバゲー定例会の種類

サバゲー定例会にもさまざまな種類があります。初心者の場合、種類をきちんと把握したうえで適切な定例会を選ばなければなりません。そこで、これからサバゲー定例会の種類について説明します。

2-1.サバゲーのフィールド:インドア

サバゲー定例会を大きくわけると、フィールドの違いが出てきます。サバゲーのフィールドは主に「インドア」と「アウトドア」の2種類です。インドアは室内でおこないます。東京など都心に近いところはほとんどがインドアが多いでしょう。インドアはビルの中でもつくることができるため、気軽に参加できます。「室内は難しい」と思っている人は多いです。しかし、サバゲーのインドア戦でも初心者向きのところがあります。

2-2.サバゲーのフィールド:アウトドア

サバゲーのフィールドといえばアウトドアです。アウトドアの場合、都心から離れた場所にある林の中など広い敷地の中でおこないます。自然の中でサバゲーができるため、本格的な気分が味わえるでしょう。ただし、車や電車で移動する時間がかかるところがデメリットです。サバゲーのイベントは土日、連休におこなっているので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

2-3.主催者によって異なる定例会の目的

サバゲー定例会の種類は主催者によってさまざまです。あるフィールドでは4~6種類もの定例会を開催しているところがありました。参加者は何種類かの定例会から好きな内容を選ぶことができます。たとえば、初心者のレクチャーを目的としている定例会、メンバーの交流会が目的などさまざまです。サバゲー初心者は、間違って常連者たちが集まる定例会に参加しないよう注意しなければなりませんね。定例会に参加する前は、必ず定例会の「目的」や「内容」を確認しておきましょう。