初心者大歓迎!サバゲーのフィールド利用のメリット&選ぶポイント

3.サバゲーフィールドを選ぶポイント

3-1.フィールド利用のサービスや設備の違いを見る

サバゲー専用フィールドを探すときは、フィールドの状態や施設を確認しておきましょう。野外がメインの場合、水はけの良しあしはプレイに影響するものです。また、フィールド内の立地や施設の安全性についても確認しておきましょう。
ほかには、定例会などのルールが明確なのか確認しておきます。せっかく参加したのにわかりづらいルールだと楽しめません。
フィールド以外の室内設備についてもチェックしておきます。更衣室やシャワー室など、汚れてしまったときのフォローがある場所がおすすめです。

3-2.サバゲーフィールドの料金設定

料金は、一定人数を想定した設定がされています。基本的には15名ほどの参加を前提としているのが多くなっているのです。15名以上からは追加料金が発生します。料金は、借りるフィールドによって変わるものです。平日と休日で料金は変わりますが、およそ2万円~6万円後半で考えておきましょう。
また、定例会に参加するときは2000円ほどあれば参加できます。手軽にサバゲーを楽しみたいときは、定例会が開かれるサバゲー専用フィールドに行ってみましょう。

4.サバゲーフィールドを利用する方法

4-1.申し込みの流れ

サバゲーのフィールドを利用するには、事前の貸し切り予約か定例会への参加があります。事前の貸し切りを希望する場合は、電話・メール・ホームページからの予約が必要です。定例会の場合は予約・当日参加のどちらでも大丈夫となります。
フィールドを借りる場合、利用したいフィールドを選びましょう。希望やフィールドがない場合は、スタッフの人が利用人数やシチュエーションに併せて相談に乗ってくれます。
定例会の場合も、事前に参加予定の場合は予約しておきましょう。また、タイムスケジュールや天候によりスケジュールが変わることがあります。

4-2.仲間とレンタルするとお得です

サバゲーのフィールドを借りるときは、仲間とレンタルするのがお得です。使用料については、一定人数までの利用は定額となります。何人か仲間を集めて参加すれば金額を割って安く借りられるのです。
私有地で勝手にプレイするリスクよりも、安全で許可が下りているフィールドにてサバゲーを楽しみましょう。