サバゲーの初心者にお勧めの戦い方とは?どんなことに注意すべき?

1.サバゲーとはどんなゲーム?

サバゲーとは、軍隊の地上戦を模したゲームです。
参加者は2チームに分かれてエアガンを打ち合って、敵を倒しながら勝利の条件を満たします。
最もポピュラーなサバゲーはフラッグ戦です。
敵を倒しながら陣地に立てられたフラッグ(旗)を奪いあいます。
サッカーなどの球技と似ていますが、サバゲーはチームの人数に決まりはありません。
ですからゲームのたびに条件が変わります。
これもまた、サバゲーの面白さのひとつでしょう。
さらに、サバゲーはプレイする時間帯にも決まりはありません。
初心者は昼間のプレイがお勧めですが、慣れてくると夜戦に誘われることもあるでしょう。
夜戦は昼のゲームよりよりスリルがあり、実戦に近い楽しみ方ができます。

2.サバゲーの動き方とは?

この項では、サバゲーの基本的な動き方をご紹介します。
この動きをマスターすれば、ゲーム開始直後に撃たれてしまうことはないでしょう。

2-1.移動

サバゲーで最も重要なのは、攻撃や防御ではなくこの移動です。
移動がうまくできないとあっという間に敵に見つかって撃たれてしまうでしょう。
サバゲーの移動は敵に見つからずに素早く動かなければなりません。
また、立って移動ばかりしていると格好の的になってしまうでしょう。
ですから、サバゲーの移動は「立つ」、「しゃがむ」のくりかえしになります。

2-2.防御

サバイバルゲームでは、体のどこかに弾がヒットした時点でゲームオーバーになります。
ですから、エアガンを撃たれても被弾しないように、遮蔽物(しゃへいぶつ)などで身を隠す必要もあるのです。
これが、サバイバルゲームにおける防御になります。
サバイバルゲームは、「盾」の役割をするアイテムを身につけて戦うことはありません。
ですから、防御は樹木や岩、室内に人工的に作られた遮蔽物(しゃへいぶつ)になります。
また、防御をしている状態で近くに敵がいる場合は、攻撃するか退却するのかを、すぐに決断しなければなりません。

2-3.攻撃

サバゲーの攻撃とは、エアガンで敵を倒すことです。
しかし、その方法には無数のバリエーションがあります。
攻撃の基本は敵を発見したら銃を向けるのですが、このほかにわざと何もない方向へ銃を撃って隠れている敵をおびき出す方法などもあるのです。
また、複数人でタッグを組んで攻撃することもあるでしょう。
決して射撃の腕がよければ無敵、というわけではありません。

2-4.索敵(さくてき)

索敵(さくてき)とは、敵を探すことです。サバゲーは自然の野山や人工的に作られたフィールドなどで行います。
その中で、見晴らしのよい場所はごくわずか。見方も敵も遮蔽物(しゃへいぶつ)に隠れながら移動します。
ですから、いかに早く隠れている敵を見つけ出せるか、で勝敗が決まることも珍しくないでしょう。
索敵(さくてき)がうまくなると、最後まで生き残れる確率もぐんとアップします。