初心者必見! 電動ガンが故障する原因と対処法を徹底解説!

3.電動ガンの故障を予防する方法は?

電動ガンが故障してしまうと、せっかくのサバイバルゲームも楽しめません。サバゲーフィールドのように、当日でもエアガンをレンタルできる場所ならばまだ大丈夫です。しかし、自然の山野を利用したフィールドでプレイする場合は、電動ガンが故障すればゲームに参加できません。

電動ガンは、急に故障することがあります。ですから、サバイバルゲームに参加するときは、予備の銃を持っていきましょう。

また、電動ガンの日頃の保管方法も大切です。部屋に無造作に転がしておけば、壊れやすくなります。ですから、使っていない電動ガンは、ケースに入れてクローゼットなどに入れておきましょう。

しばらく使わない場合は、時々試射をして動かしてあげてください。弾倉を入れずに空撃ちをしすぎると、内部の部品が破損しやすくなります。ですから、空撃ちは最低限にしてください。

なお、誰かに電動ガンを貸した後に故障した場合は、トラブルの原因になります。ですから、人に貸す場合は「最悪の場合壊れてもよい」というものを貸すようにしましょう。

予備の銃を持っていけば安心ですね。
日頃の保管方法も大切ですから、使っていない電動ガンは、ケースに入れてクローゼットなどに入れておきましょう。

4.おわりに

いかがでしたか? 今回は電動ガンが故障する原因や対処法をご紹介しました。記事を読んでいただければ分かりますが、一部の故障を除いて、フィールドでは直せないものがほとんどです。ですから、サバイバルゲームに行く前日は、しっかりと銃のメンテナンスをして動作の確認をしてください。そうすれば、フィールドでいきなり動かないという可能性は低くなります。

また、車で銃を運ぶ場合はケースにきちんと入れて運んでください。むき出しのまま運ぶと、トラブルになりやすいばかりでなく振動で壊れることもあります。

新しいBB弾を使う場合は、必ず試射してみてください。特に、土に還(かえ)るバイオ弾は、最初の数発は飛距離が出ないこともあります。これは仕様ですので故障ではありません。

故障したら慌てて銃のあちこちを動かさないこと。プレイ中に故障したら、銃を踏まれたり蹴飛ばされたりしないところに置き、予備の銃を使ってください。