サバゲーに必要なエアガン消音カスタムとは?サイレンサーを使うコツ

3.消音カスタムする際の注意点

3‐1.サイレンサーを取りつける“ネジ式”に要注意

エアガンに消音カスタムをする際、気をつけてほしいことがあります。
ほとんどのサイレンサーは“ネジ式”です。
エアガンの大きさに合ったサイレンサーを選ばなければなりませんが、ネジの規格にも注意が必要になります。
基本的にネジの規格は“14mmの正ネジ”になるでしょう。
しかし、メーカーの種類によっては14mmの「逆ネジ」になっているものもあります。逆ネジ・正ネジのどちらになるのかしっかり確認しなければなりません。
購入した後に「取りつけることができない規格だった」と後悔するケースが増えているので要注意です。
エアガンの種類によっても14mmでは規格外になるケースがあります。
自分のエアガンの規格を把握しておいたほうがいいでしょう。
さらに、日本国製品以外のサイレンサーは不良品が多いです。初心者は扱いやすい日本製をおすすめします。

3‐2.ネジはしめすぎないこと

エアガンからサイレンサーが簡単にはずれないよう、ネジをしめすぎている人が多いです。
しかし、ネジをしめすぎてしまうとエアガンとサイレンサー同士がかみついてしまいます。結果、両方に傷がつくのです。
サイレンサーをはずすことができなくなり、自由なカスタムができません。
まったくはずれなくなった場合、損傷覚悟で取りはずさなければならないでしょう。
エアガンが使えなくなる恐れもあるので要注意です。
サイレンサーをエアガンに取りつける際は、ネジをしめすぎないように注意してください。

4.まとめ

エアガンを消音カスタムするメリットやカスタムする方法、注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
サバゲー初心者にとってはわからないことだらけです。
もし、近くにベテランがいたらエアガンの消音カスタムについて尋ねるといいでしょう。実戦経験のある人から直接話を聞いたほうがわかりやすく、カスタムがしやすくなります。
また、サバゲー関連の商品を販売しているお店にも尋ねてみてください。
サバゲーに参加した際、まわりがカスタムをしているかどうか確認するのもいいでしょう。