サバイバルゲーム(サバゲー)で夜戦を楽しもう。必要な装備は何?

1.サバゲーの夜戦とはどんなゲーム?

夜戦は、夜に行うゲームです。基本的なルールは、昼間に行うゲームと変わりありません。
視界がきかないことを逆に利用して、敵陣地に攻めこむ戦術などを考えるとより楽しめるでしょう。
また、昼間よりも大胆に動けますので、初心者でも活躍しやすいです。
夜戦では、安全のために特定の道具を使うように定めていることもあります。
また、ヒットが分かりにくくなっていますので、昼間行うゲームよりも参加者のモラルが求められるでしょう。
見えにくいのをよいことにゾンビ行為などを働くと、ゲームバランスが崩れてしまいます。
さらに、夜戦は周りが見えにくく、サバゲーに慣れていないとけがをしやすいでしょう。
初心者が参加できないことはありませんが、ある程度ゲームに慣れておいた方がより楽しめます。
夜戦は夏に行われることが多いので、冬~春先にサバゲーを始めた方は参加してみましょう。

2.夜戦が楽しめる場所とは?

夜戦は、自然の野山でも行えます。
しかし、夜間に野山をかけ回るのは大変危険です。
慣れた場所でも、けがをする可能性が高いでしょう。
また、人家に近すぎる場所では、苦情がくることもあります。
ですから、現在はサバゲーフィールドで夜戦を楽しむチームが大半です。
サバゲーフィールドとは、サバゲーをプレイするために作られた施設のこと。
ここならば、安全にゲームが楽しめるでしょう。
なお、すべてのサバゲーフィールドで夜戦が楽しめるわけではありません。
夜戦をプレイできるかどうかは、それぞれのサバゲーフィールドに問い合わせてみてください。

3.夜戦に必要な装備とは?

では、夜戦を楽しむために必要な装備はなんでしょうか?
この項では、サバゲーの夜戦に必要な装備をご紹介します。

3-1.ライト

サバゲーフィールドには、ライトが備えつけてあります。
しかし、プレイフィールドの隅々までには届きません。
ですから、ライトが必須装備になります。
ライトには、手に持つタイプや銃につけるものなど、いろいろなタイプがあるのです。
すから、チームから必要と言われたものを持っていきましょう。

3-2.ゴーグル

昼間のゲームでもゴーグルは必須装備です。
でも、野戦用のゴーグルはレンズが透明なものがよいでしょう。
色つきのレンズだと、ライトをつけていても暗くて見えにくくなります。

3-3.フルオートトレーサー

自分の撃った弾道が見える装置です。
夜戦は弾道が見えにくく、当たり判定が分かりにくいことも多いでしょう。
フルオートトレーサーを使えば、弾がどこから飛んでくるのかもすぐに分かります。
自分の居場所を敵に教えてしまうことにもなりますが、公正な審判のため、全員で装備してゲームをするチームも少なくありません。

3-4.蓄光BB弾

フルオートレーサーとセットで使う弾です。
文字どおり、光ります。
ノーマルなBB弾よりも高いですが、夜戦の場合は激しい打ち合いになることは少ないので、弾を消費しにくいでしょう。
ですから、一度買えば割と長持ちします。

3-5.デッドマーカー

発光するタイプのデッドマーカーは、チーム分けや死亡判定などに使います。
弾がヒットしたらデッドマーカーを点滅させて、フィールドから出るというルールを作っているチームもあるのです。
ですから、デッドマーカーはある程度の大きさのものを、分かりやすい場所につけましょう。