サバゲーの初期費用はどのくらいかかるの? お得に始める方法はある?

1.サバイバルゲームに必要なものとは?

サバイバルゲームに必要なものとは?

まず始めに、サバゲーに必要な最低限のものをご説明します。
サバゲーの道具はたくさんありますが、とりあえずこれだけあればゲームを楽しむことができるでしょう。

1-1.エアガン

エアガンは、サバゲーで敵を倒す武器です。
エアガンにはいくつか種類があり、ものによっては自治体の条例で年齢規制がある場合もあるでしょう。
ですから、最初は専門店で買ったりサバゲーに詳しい人と買いに行ったりするとよいですね。
エアガンは高いものの方が性能はよい反面、手入れに手間のかかるものもあります。
最初から高いものを買うよりは、初心者が扱いやすいものを買うとよいでしょう。
バッテリーなども入れて2万5000円~5万円程度が相場です。

1-2.BB弾

エアガンで飛ばす弾のことです。
プラスチック製のものもあれば、土に還るエコなBB弾もあります。
これは消耗品ですのでゲームのたびに購入しなければなりません。
一袋1000円前後が相場です。

1-3.ゴーグル

エアガンは空気の力でBB弾を発射します。
殺傷能力はありませんが、目に当たればけがをする恐れがあるのです。
ですから、サバゲー中は安全のために必ずゴーグルを着用します。
ゴーグルを着用しなければ、入場できないフィールドもあるのです。
ゴーグルは1,000円前後からありますが、よいものだと1万円を超えるものもあるでしょう。

1-4.服と靴

サバゲーは自然の野山をかけまわるスポーツです。
現在は専用のフィールドもありますが、土がむきだしで起伏にとんだ地形であることには変わりありません。
サバゲーというと迷彩服というイメージがありますが、プレイヤーすべてが迷彩服を着ているわけではないのです。
初心者は動きやすく肌が露出していない、汚れてもよい服で参加することも多いでしょう。
また、靴は足場の悪いところを歩くことが多いため、底の厚いものがお勧め。
さらに、日差しや雨よけに帽子もあると便利です。
大体1万5,000円~2万円もあれば、一式そろえられるでしょう。

1-5.そのほか

サバゲーを楽しむならば、フィールドを借りたりプレイ場所まで移動したりしなくてはなりません。
サバゲーは、自然の野山を利用して行ったり専用のフィールドをレンタルしたりします。
サバゲーのフィールドとは、業者が運営するサバゲーをする専用の場所のこと。
自然の野山のように持ち主に許可を取る必要もなく、プレーヤー以外の人が立ち入らないように気を配る必要もありません。
また、ひとりでもゲームを楽しめるフィールドや、講習会を行っているフィールドもあるでしょう。
そのような「ゲームを楽しめる場所」を借りる代金や底に行くまでの交通費も必要です。
また、サバイバルゲームをするための道具一式を収納するケースなども必要になります。

2.初心者が必要なものをすべて購入するとしたら……?

初心者が必要なものをすべて購入するとしたら……?

さて、ここまでサバゲーをプレイするのに必要なものを、おおよその値段とともにご紹介してきました。
これらをすべて購入するとしたら、最低でも5万円以上はかかるでしょう。
エアガン1丁が2万円以上しますし、ガスなどの付属品も必要です。
サバゲーが長らく大人の男性の遊びといわれていたのは、お金がかかるからでもあります。
社会人なら、数か月貯金に励めば10万円程度のお金はたまるでしょう。
しかし、学生や未成年には5万円以上のお金は大金です。
でも、サバゲーはお金がなければできない、というわけではありません。
次の項から、お金をできるだけかけずにサバゲーを楽しむ方法をご紹介します。