サバイバルゲームの魅力を知りたい! 実はさまざまなメリットがある!

1.サバゲーとは?

まずは、サバゲーとはどのようなゲームのことを言うのか、その歴史やルールについてご紹介します。

1-1.サバゲーの発症は日本

サバゲーの発症は日本の愛知県と言われています。
1970年代後半にエアガンを使った戦争ごっこが流行し、全国に広がったのです。
この時代、日本では実銃の所持が厳しく規制されていたため、実銃を模した玩具(がんぐ)である「エアソフトガン」が多数製造・販売されていました。
このことが、サバゲーを生み出すきっかけになったと考えられているのです。
1980年代には日本のサバゲー文化がすすみ、本格的な装備・銃を用いるようになりました。
エアソフトガンの技術は飛躍的に向上し、専用のフィールドが建設、運営されるようになった現在では、ゲーマー人口も爆発的に増加中です。

1-2.基本的なルール

サバゲーは、エアガンによる撃ち合いです。
必ず、合法なエアガンを使用し、1発でも自分に当たったら自己申告でヒットとなります。
フィールド内ではいつ弾が飛んできてもおかしくない状況のため、専用ゴーグルを着用して目を守る必要があるでしょう。
ケガや事故が起きた場合は自己責任です。
ゴーグル以外にも安全装置の着用がすすめられています。
サバゲーは参加者同士のコミュニケーションが必要不可欠なゲームです。
コミュニケーションがとれることで、ゲームは成立し、楽しむことができます。
サバゲーの主催者も、いかにコミュニケーションがとりやすい場を作るか、十分に考慮しなければならないでしょう。

1-3.参加方法

サバゲーの参加方法としては、主に2つのパターンがあります。
まずひとつが、各地のフィールドで開催されている定例会や講習会に参加する方法。
どのフィールドでも、定期的に定例会という誰にでも参加できる会を開いています。
道具を持っていなくてもレンタルできるため、手っ取り早く体験したい人にはおすすめです。
もうひとつが、友人や知人が主催しているゲームへの参加、または自分で主催する方法。
基本的に参加者は知り合い同士のため、気がねすることなくプレイできます。

2.サバゲーの魅力

では、サバゲーの魅力についてご紹介しましょう。
「サバゲーの楽しさが分からない」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

2-1.普段と違う自分を出せる

サバゲーに参加するときは、迷彩服を着るなどコスプレを楽しむ人も多いようです。
普段は絶対に着ることのないような洋服に身を包み、玩具(がんぐ)の銃を撃ち合います。
まるで自分が戦争映画の登場人物になったような気分を味わうことができるサバゲーには「普段を違う自分を楽しむことができる」という魅力があるのです。
普段はおとなしい性格でも、サバゲーの中では「戦う自分」を見つけることができるでしょう。
普段と違う自分を表現することは、大きなストレス発散になるはずです。

2-2.仲間が増える

サバゲーを趣味にしている人の中には、会社員もいれば学生もいます。
職業や肩書き、性別に関係なく、さまざまな参加者が集まっているのです。
普段の生活では決して出会うことのなかった人たちと出会い、仲間や敵として闘いを楽しんでいるうちに、新たな交流が生まれることは言うまでもありません。

2-3.運動不足を解消できる

サバゲーは体力を使います。
無我夢中で敵から逃げているうちに、思っている以上に体を動かしているのです。
「サバゲーに参加した翌日は筋肉痛がひどい」と言う人も少なくありません。
しかし、ゲーム中は夢中になりすぎて疲れを感じることはないのです。
このように、サバゲーは趣味を通じて運動不足を解消することができるという魅力もあります。
「普段から運動不足が気になっている」「楽しみながら運動不足を解消する方法はないか」という人は、ぜひ試してみてください。

2-4.1人でも楽しめる

サバゲーの魅力は「1人でも参加しやすい」という点にもあるでしょう。
ゴルフや登山、スノボ、サーフィンなどのスポーツと比べ、誰でも気軽に楽しめる趣味と言えます。
もちろん仲間と協力し合って楽しむのもよいでしょう。
しかし、1人でも行動しやすいのが大きな魅力です。