サバゲーでハンドサインを使う理由とは? どんな時に役に立つの?

1.サバゲーのハンドサインとは?

この項では、サバゲー中にハンドサインがはたす役割や、メリットをご紹介します。
ハンドサインを覚えると戦術の幅がぐっと広がりますよ。

1-1.ハンドサインとは?

サバゲー中に行うハンドサインとは、腕や指の動きで自分の意志をチームメイトに伝えるときに行うものです。
サバゲー中はいつもチームメイトがひと固まりになって動くとは限りません。
陣地内にバラバラに散らばって、敵を待ち構えていることもあるでしょう。
また、チームが二手に分かれて相手の陣地を攻略することもあります。
その際に敵の位置や次の行動を教えるのに大声を出せば敵に見つかってしまいますし、作戦の内容も筒抜けでしょう。
そこでハンドサインを利用すれば、敵に見つかることなく意思疎通ができます。

1-2.ハンドサインを使うメリットとは?

ハンドサインを使えると、作戦や戦術の幅が広がります。
事前にいくら綿密に作戦を立てても、実際に行動してみたら変更が生じることは珍しくありません。
しかし、すでに作戦が決行している場合は、遠くのチームメイトに作戦の変更を示唆することはなかなか難しいです。
「無線機を使ったら?」という意見もあるでしょうが、免許のいらないトランシーバーは、一台1万円前後します。
なかなかチームメイト全員がすぐに買いそろえるわけにはいかない金額ですね。
また、電波の状況によっては繋がりにくいこともあるでしょう。
さらに、いちいち無線機で連絡を取り合っているときに敵に発見されてしまえば作戦はそこで終了です。
一目見て意味が分かるハンドサインをチームメイト全員が知っていると、単純な指示ならば一瞬で伝わるでしょう。
また、声を出さない分、敵にも見つかりにくいのです。

1-3.ハンドサインで伝わることとは?

ハンドサインでは、以下のようなことをチームメイトに伝えることができます。

  • 行動(前進、後退、ストップ、射撃開始、しゃがめ、動け)
  • 敵の位置や数を知らせる
  • 作戦の決行や変更
  • 役割分担

いかがでしょうか? こうしてみると以外と伝えられることがたくさんあることがわかりますね。

2.ハンドサインの使い方や注意点とは?

では、実際にハンドサインの使い方を覚えるにはどうしたらよいでしょうか?
この項では使い方や注意点をご紹介します。

2-1.チーム全員で覚えよう

ハンドサインは、文章で覚えるより図や動画を見たほうが覚えやすいです。
インターネットで「サバゲー、ハンドサイン」と検索するとたくさんの動画や図説がヒットするでしょう。
それを見ながら必ずチーム全員で覚えましょう。
ハンドサインは誰が見てもわかりやすいジェスチャーで構成されています。
たとえば、射撃のハンドサインは「中指と人差し指と親指で銃の形を作る」です。
しかし、慣れていないとあまり多くの情報量をやり取りすることはできません。
まずは「前進」「後退」「射撃」といった単純な指示を出しあうことがら始めましょう。
本番までに何回か練習しておくのもおすすめです。

2-2.チームオリジナルのハンドサインを作っても良い

サバゲーで多く使われているハンドサインは、実際に軍隊で使われているものです。
ですから、あまり派手に遠くからハンドサインを出してしまうと、敵にも情報が筒抜けになるかもしれません。
そこで、チームオリジナルのハンドサインを作るところもあります。
これなら他のチームが見ても何を伝えあっているのかわかりません。

2-3.あまり細かいジェスチャーを入れない

ハンドサインは遠くから見てもわかりやすく、一瞬で意味が把握できることが大切です。
腕や指は複雑な動きができますが、だからといってあまり難解な動きのハンドサインを作ってしまうと、出す方も受け取るほうも大変でしょう。
また、似たようなハンドサインをいくつも作ってしまうと、チーム内で情報が錯綜するかもしれません。
無線機と併用するなどして、皆がわかりやすいハンドサインを出すことを心がけましょう。

2-4.ハンドサインのNG行為とは?

一度撃たれた人がフィールドを去る際、仲間にハンドサインを送ってはいけません。
サバゲーは撃たれた瞬間に死んだことになり、死亡したプレイヤーにできることは黙ってフィールドの外に出ることだけです。
また、フィールドの外からハンドサインを送ってもいけません。
これらは「ゾンビ行為」と言われ、サバゲーでは最も嫌われるルール違反です。