サバゲーを始めたい方必見! 費用はどのくらいかかるの?

ここ最近、サバイバルゲームの再ブレイクが注目されています。そんな中、これからサバイバルゲームを始めたいという方も多いのではないでしょうか?そこで気になるのが費用の面。

この記事では、サバゲーを始めるにあたってどのくらいの費用が必要なのかをご紹介していきます。これからサバゲーを始めたいという方は参考にしてください。

  1. サバゲー参加費用
  2. 武器や装備にかかる費用
  3. 費用を抑えるコツ

1.サバゲー参加費用

サバゲーフィールドで開催されているゲームに参加する場合は、ゲーム参加費用が必要となります。フィールドによって異なりますが、1人あたり2,000円〜3,000円というのが相場です。

フィールドでゲームを楽しむには、参加費用が必要なんですね。
はい。1人あたり2,000~3,000円が相場です。

2.武器や装備にかかる費用

サバイバルゲームをするにあたって用意しなければいけないのが、エアガン・BB弾・ゴーグルなどの武器や装備品です。ただし、各フィールドで装備一式レンタルしていますで、最低購入はBB弾だけでOKです。最初は数回レンタルして、続ける場合は購入された方が良いでしょう。

レンタルの場合は、使用後メンテナンスしなくていいので手間がかかりません。しかし、長く続けるのであれば、購入したほうがメンテナンスやチューニングができて愛着がわき、よりサバゲーの魅力を味わえます。レンタルの場合、購入した場合のそれぞれの費用を見ていきましょう。

2-1.エアガン・ゴーグル・BB弾のレンタル費用

  • エアガン 2,500円~3,500円
  • ゴーグル 300円~700円
  • BB弾 1,000円~3,000円(買取り)

※フィールドにより異なります。

2-2.エアガン・ゴーグル・BB弾の購入費用

  • エアガン:20,000円~80,000円
  • エアガンを運ぶ銃ケース:5,000円~20,000円
  • ゴーグル:1,000円~8,000円

上記品以外にも、BDU(迷彩服)・コンバットブーツ・グローブなどサバゲー用品は数多くあります。ウェアは自前でもOKですが、迷彩効果が無いと敵に発見されやすいので、参加するフィールドに合う物が良いでしょう。

武器や装備をそろえる費用も必要なんですね。
はい。購入がおすすめのものと、レンタルでも十分なものがありますので、アドバイスを受けながらそろえましょう。

3.費用を抑えるコツ

3-1.フィールド貸切はなるべく多くの仲間を集める

貸切でフィールドを利用する場合は、フィールドの使用料を参加者の人数で割ることになります。そのため、できるだけたくさんの参加者を集めることで、1人あたりの単価を抑えることができます。

3-2.できるだけ乗合で会場に向かう

自由参加の定例会は、できるだけ乗合でフィールドに行くことで交通費が下がります。その場合は、車を出してくれたドライバーさんにはメリットがあるような形にするのがよいでしょう。また、他の人の車に乗せてもらう場合は、泥のついたブーツなどで車内を汚さないように気を付けてください。

3-3.武器や装備品はネットで安く購入する

ライフルなどの銃火器やゴーグル・ウェアなどの装備品は、ネットでも安く販売しています。しかし、中古品や輸入品は粗悪品も多いので気をつけてください。BB弾については、現在ほとんどのフィールドがバイオ弾しか使用できないので、プラスチック弾・セミバイオ弾は購入しないように注意しましょう。

費用を抑えるコツは、人数をうまく利用することなんですね。
はい。チームで利用すればフィールドの利用費用などもお得になります。

まとめ

今回はサバゲーを始めるにあたって必要な費用についてご紹介しました。最初はサバイバルゲームフィールドのレンタルを活用することで、最小限の費用ではじめることができます。まずはレンタルを利用し、ゲームをずっと続けていきたいと思ったら、自分の好みの装備を揃えていくのがオススメです。初心者歓迎の定例会も随時開催されていますので、まずは気軽に参加してみてください。