サバゲーで使う帽子の選び方を解説! どんな帽子がおすすめ?

サバイバルゲーム(以下、サバゲー)とは、軍隊の地上戦を模したゲームです。今は専用のフィールドも登場し、スポーツとして楽しむ人も増えています。サバゲーに必要なアイテムといえばエアガンですが、安全に遊ぶためには服装を整えることも重要です。特に頭部は目と同じくらいしっかりと守りましょう。
今回は、サバゲーに使えるおすすめの帽子を紹介します。

  1. サバゲーにおける帽子の役割
  2. サバゲーで使う帽子の種類
  3. 帽子の選び方
  4. 帽子の購入方法などについて
  5. サバゲーで使う帽子に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、自分が使いやすい帽子を選ぶポイントが、よく分かることでしょう。サバゲーに興味がある人やこれからサバゲーを始めてみたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.サバゲーにおける帽子の役割

サバゲーは、基本的に屋外でエアガンを打ちあうゲームです。エアガンの弾はプラスチックですが、当たれば痛みがあるのはもちろんのこと、ケガをすることもあるでしょう。帽子をかぶっていれば、ケガや着弾の痛みから頭を守ることができます。また、日光や草木・岩などから頭を守ることもできるでしょう。さらに、帽子をかぶっていれば保温効果もあります。サバゲー初心者でもゲームに参加するときは、自分に合った帽子を必ずかぶるように心がけましょう。

2.サバゲーで使う帽子の種類

この項では、サバゲーで使用される帽子の種類について紹介します。

2-1.ヘルメット

ヘルメットは、帽子の中で最も防御力が高いものです。ヘルメットをかぶっていれば、エアガンの弾を至近距離から受けても、ケガをすることはないでしょう。ヘルメットは黒や迷彩柄があり、値段は数千円~1万円です。ゴーグルと一体型になったものもあります。ただし、ものによっては重く、夏は熱がこもって暑くなるでしょう。かぶったまま何時間もゲームをするのは、初心者ではなかなか大変です。

2-2.ハット

つばが全面についている帽子を、ハットといいます。サバゲーに使われるものは、ブッシュハット・ジャングルハットなどと呼ばれるものです。迷彩柄のほか、黒や濃いベージュ等の色もサバゲーでは使われます。布製で、2,000~3,000円のものが主流です。オールシーズン使うことができ、軽いので初心者でも扱いやすいでしょう。デザイン性もいいので、サバゲー以外でも使うことができます。

2-3.キャップ

キャップとは、前面に大きなつばがついた帽子です。戦闘帽やパトロールキャップと呼ばれるものもあります。ハットと同じように布製でオールシーズン使うことができ、デザインも豊富です。値段は2,000円前後のものが主流で、各国軍隊で使われているキャップの形を模したものもあります。初心者には使いやすい帽子です。

2-4.ベレー帽

ベレー帽は、各国軍隊で用いられている帽子です。サバゲーのアイテムを扱うショップでは、各国軍隊で用いられているベレー帽に似せたものが販売されています。チームの帽子をベレー帽で統一すれば、気分が盛り上がることでしょう。値段は3,000円前後が一般的です。

2-5.ニットキャップ

ニットキャップとは、毛糸の帽子です。耳まですっぽりとかぶることができるので保温効果が高く、マスクと併用すれば冬でも寒さに苦労することなく、ゲームを楽しむことができるでしょう。通常の衣料品店でもさまざまな色のニットキャップが販売されているため、サバゲー向きの色のものを購入することもできます。アクリル製とウール製のものがありますが、保温効果が高いのはウール製です。1,000~3,000円のものが多いでしょう。ハットやキャップと併せて購入してもいいですね。

3.帽子の選び方

サバゲー初心者が帽子を選ぶ際は、値段だけでなく、どのような時期にサバゲーに行くかを基準に選びましょう。気温が高い時期にサバゲーを行うことが多いなら、ヘルメットは暑すぎてかぶってられないということもあります。初春や晩秋にサバゲーを行うことが多いならば、ニットキャップを買ってもいいでしょう。キャップとハットは、かぶりやすいものを選ぶのが一番です。また、最初から高価なものを買うより、お手ごろな値段のものを買ってみて自分のサバゲースタイルが確立したら、ヘルメット等高価な帽子に買い替えるといいでしょう。

4.帽子の購入方法などについて

この項では、帽子の購入方法などについて解説します。

4-1.帽子が購入できる場所

サバゲーで使用する帽子は、ミリタリーショップやインターネット通販で購入する人が多いでしょう。サバゲーに使うアイテムは、汚れやすいものです。最初から高価なアイテムを買うより、お手ごろのものを買い、ゲームに慣れたら新しいものを買うといいでしょう。チームでおそろいの帽子、というのもいいですね。また、ニットキャップは衣料量販店でもさまざまなカラーが販売されています。そこで、カーキ色のものを買ってもいいでしょう。

4-2.帽子のお手入れ方法

帽子が汚れたら、基本的に手洗いで洗いましょう。泥汚れは落ちにくいので、一度泥を完全に乾かしてからブラシでこすり落とし、改めて洗剤で洗うといいですね。ハットやニットキャップはネットに入れ、手洗いコースで洗ってもいいでしょう。キャップはつばが型崩れしないように、手洗いがおすすめです。

4-3.ヘルメットはレンタル可能

サバゲーフィールドの中には、ヘルメットをレンタルしているところもあります。ヘルメットを購入しようかどうか迷っている場合は、まずヘルメットをレンタルしてサバゲーをプレイしてみましょう。使い心地が悪くなければ、購入してみてもいいですね。

5.サバゲーで使う帽子に関するよくある質問

Q.サバゲーで使う帽子のサイズは豊富ですか?
A.はい。ただし、男性用のサイズが一般的なので女性の場合はあごひも等を利用しましょう。

Q.バンダナやスカーフを帽子代わりにしてもいいですか?
A.かまいませんが、帽子に比べるとケガを防いだりする効果が薄いでしょう。

Q.フード付きの上着を着れば、帽子は必要ありませんか?
A.フード付きの帽子では、走っているうちに脱げてしまいます。帽子を買いましょう。

Q.帽子は迷彩柄がおすすめですか?
A.迷彩柄以外には、黒色を選ぶ人も多いでしょう。

Q.帽子は複数持っておいたほうがいいですか?
A.オールシーズンサバゲーをするならば、ハットかキャップのどちらかとニットキャップを持っていればいいでしょう。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回はサバゲーで使用する帽子について解説しました。サバゲーというと、ヘルメットというイメージを持っている人もいますが、まずはキャップかハットのどちらかの帽子をつけてプレイする感覚に慣れましょう。