必需品はたったの3つ!? アイテムをそろえてサバゲーを始めよう!

近年サバゲーの人気が加熱するに伴い「サバゲーを始めたい」と考える方が増えてきています。しかし、興味は持っても「ミリタリーアイテムの知識がない」と諦めてしまう方も多いのが現状です。そこで、今回はサバゲーの必需品についてご紹介します。

  1. サバゲーの必需品一覧
  2. サバゲーの必需品の選び方
  3. サバゲーフィールドでのレンタルについて
  4. サバゲーで持っていくといいもの
  5. サバゲーに関してよくある質問

この記事を読むことで、サバゲーで必要なものについて学ぶことができます。初心者の方に役立つ情報を厳選しましたので、ぜひ参考にしてください。

1.サバゲーの必需品一覧

実はサバゲーを始めるために必要な道具はそれほど多くありません。そろえるのが大変そうだからと尻込みしている人は、安心してサバゲーを始めましょう。

1-1.最低限必要なものとは?

サバゲーを行う上で最低限必要なのは「エアガン」「ゴーグル」「肌の露出しない服装」と、たった3つだけしかありません。時々、サバゲーは迷彩服を着ないといけないと思われている方がいますが、これは誤解です。長袖長ズボンなど、ケガをしない服装であればどんな格好でも問題ありません。また、ゴーグルについてですが、ただのゴーグルは割れる可能性があるので、サバゲー専用のゴーグルを用意しましょう。

1-2.装備品

最低限用意するものは上記の3点ですが、サバゲーをより楽しむためにはほかにもさまざまな装備品があります。まずは、ヘルメットです。多くのサバゲーフィールドでは着用の義務はありませんが、安全性や見た目などの観点などから好んで着用する方もいます。また、「フラッシュライト(タクティカルライト)」も人気のアイテムです。ナイトゲームや薄暗い場所でゲームをする際には必需品となります。ほかにも、「無線機」も人気の装備品です。離れた場所にいる仲間と意思疎通を取れるので、ゲームをより本格的に楽しむことができるでしょう。また、変わり種には「グレネード・手榴弾(しゅりゅうだん)」や「ミリタリーナイフ(ラバーナイフ)」というものもあります。字面だけ見ると危険そうに聞こえますが、グレネードはBB弾をはじき出すだけで爆発はしませんし、ナイフの方はその名のとおりゴム製です。ただし、ナイフは刃は柄の部分などで相手プレーヤーを傷付けてしまう可能性があることから、最近は持ち込みや使用を禁止にしているフィールドもあります。

1-3.服装

服装は基本的にケガ防止のために肌を露出しないようにします。長袖長ズボンにゴーグルはマストです。また、顔周り・頭・手の露出は特に制限がありませんが、BB弾が肌に直接当たれば痛いですし傷が付く場合もあります。そのため、ヘルメット・フェイスマスク・手袋などを装着するのがおすすめです。また、靴に関しても主な規定はありませんが運動靴が原則で、ヒールやサンダルなどではプレーできません。
また、遊ぶ場所がアウトドアかインドアかによって服装は変えるようにしましょう。アウトドアの場合は、しゃがんだり伏せたりすることもあるので汚れたり破れたりてもいい格好が基本です。インドアの場合はあまり汚れたり破れたりするようなことはないので、動きやすい服装であれば私服でも問題ありません。ただし、どちらにしてもプレー後は汗をかくので、着替えは持ってきておいたほうがよいでしょう。

1-4.着替えとシャワーについて

サバゲーフィールドにもよりますが、基本的にどのフィールドにも男女に分かれたロッカールームがあります。また、最近は女性プレーヤーの増加などに伴い、シャワーを完備しているフィールドも多くなってきているようです。そのため、着替えやシャワーのことで悩むことはないでしょう。ただし、古いフィールドなどでは今でも着替え場所やシャワーが設置されていないこともあるので、電話などで事前に確認しておくことが大切です。

2.サバゲーの必需品の選び方

サバゲーの知識がない初心者にとって道具選びは難しいですよね。そこで、この項目では道具を選ぶ際のポイントを解説します。

2-1.エアガンの選び方

エアガンはBB弾の射出方法の違いによって「エアーコッキングガン」「電動ガン」「ガスガン」の3つに大きく分類されます。

  • エアーコッキングガン:手動でピストン(空気を圧縮する装置)を動かすエアガン
  • 電動ガン:電動でピストンを動かすエアガン
  • ガスガン:ガスを吹き出してBB弾を射出するエアガン

どのエアガンを使ってもサバゲーは行えます。しかし、エアーコッキングガンは手動でピストンを動かさなければいけないので連射ができません。そのため、本格的にサバゲーをするなら電動ガンかガスガンがよいでしょう。中でも次世代電動ガンは飛距離が長く、作りもリアルになっているのでおすすめです。ただし、次世代電動ガンはリアリティを追求しているため重量が実銃に近く設定されていて重いので、子どもや女性の方などは購入前に注意してください。

2-2.ゴーグルの選び方

目は繊細な場所なので、ゴーグルの性能は特に重要な部分です。ほとんどのゴーグルはエアガンの直撃を受けても割れるようなことはありません。しかし、サバゲーは体を動かす競技なので、時には転んだり他人と接触したりすることもあります。そのような大きい衝撃を受けた際に割れてしまえば、本来目を保護するためのゴーグルが凶器にもなりかねません。ですから、ゴーグルを選ぶ際には硬いだけではなく柔軟性も兼ね備えているものを選びましょう。たとえば、アクリル製は非常に硬いのですが、柔軟性が低く割れやすいですし、PET・アセチ製などは硬さに不安があります。そこで、おすすめなのがポリカーボネート製のゴーグルです。ポリカーボネートは硬さと柔軟性を兼ね備えた素材で、実際に軍用ゴーグルの素材として採用されています。

2-3.迷彩服の選び方

迷彩服というのはその名のとおり、相手の目をごまかすためのものです。そのため、一見同じような柄に見えても、使用する場所によって合う合わないというものがあります。たとえば、最も一般的な緑色を基調とした迷彩服(AOR2やMARPATなど)は森林での戦闘を想定して作られた服です。そのため、森林フィールドでサバゲーを行う際におすすめします。また、広い空き地や砂漠型のフィールドなどではデザート迷彩(AOR2など)を選ぶとよいでしょう。また、インドアの場合は灰色や鈍色(にびいろ)で構成されているので、灰色を基調とした迷彩服(ACUなど)などが人気です。

3.サバゲーフィールドでのレンタルについて

サバゲーに使う道具には高価なものあります。気軽に遊びたいと考えている方にとっては、できるだけ費用を抑えたいところですよね。そこで、この項目ではサバゲーのレンタル事情についてご紹介します。

3-1.レンタルについて

サバゲーで必要となる道具のほとんどはフィールドの施設でレンタルすることができます。エアガン・ゴーグル・迷彩服・シューズなどの基本装備はもちろん、ナイトゲームを開催しているフィールドではフラッシュライトなども借りることが可能です。レンタル料は会場によって違いますが、装備一式で4,000円程度が相場でしょう。迷彩服だけなら1,000円~1,500円程度、エアガンなら2,500円~3,000円程度、ゴーグル・シューズなら500円~1,000程度でレンタルすることが可能です。

3-2.注意点

レンタルですから、破いたり壊したりしてしまうと買い取りになってしまいます。サバゲーは激しく動き回ることもありますので、道具の扱いには十分に注意しましょう。

4.サバゲーで持っていくといいもの

実際にサバゲーをやってみると、「なくても問題ないけどあると便利なもの」に気が付きます。サバゲーをより楽しむために、あなたも取り入れてみてはいかがですか?

4-1.ウェットティッシュ

サバゲーは汗をかきますし、屋外のフィールドでは泥や砂で体や装備が汚れてしまいます。そんなときにウェットティッシュがあるととても便利です。ただし、エアガンには鉄の部分などもあるので、ウェットティッシュを使ったあとはサビ防止のために必ずから拭きをしましょう。

4-2.カイロ

冬から春の時期は気温が低くなります。手がかじかむと照準を合わせたり引き金を引いたりする動作に支障をきたしますので、カイロはとても効果的です。

4-3.虫よけ

夏場、屋外のフィールドでは虫に悩まされるプレーヤーが多いようです。特に蚊はその独特の羽音やかゆみのせいもあって、たかられると集中力をそがれたりイライラしたります。これではゲームを十分に楽しめません。そこで、虫よけを持っていくとよいでしょう。スプレー式もよいのですが、腕や腰などに装着可能な電気式携帯虫よけ器などもおすすめです。

5.サバゲーに関してよくある質問

この項目ではサバゲーに関する疑問に答えます。初心者の方などは、ぜひ参考にしてください。

Q.サバゲー仲間がいないのですが、どうすればいいですか?
A.フィールドによっても違いますが、サバゲーは集団戦と個人戦の2種類が開催されています。いわゆる「定例会」と呼ばれるものが個人戦です。個人が集まって2チームに分かれてゲームを行います。ですから、サバゲー仲間のいない方はホームページなどを確認して定例会の日に行きましょう。

Q.どのフィールドでもレンタル可能ですか?
A.ほとんどのフィールドではレンタルできます。しかし、古いフィールドではレンタルをしていないこともあるので、事前に電話で確認しておきましょう。

Q.サバゲーに年齢制限はありますか?
A.安全上の問題などから、原則として18歳以上の方しかサバゲーフィールドは利用できません。ただし、会場の規定によっては、保護者同伴であれば子ども(10歳以上用)でも参加可能です。

Q.初心者におすすめのエアガンはありますか?
A.エアガンというとハンドガンを思い浮かべる方も多いと思いますが、ハンドガンは装弾数が低いですし飛距離もあまり長くありません。そのため、サブウェポンとして使うのが一般的です。アサルトライフルかサブマシンガンのエアガンを選ぶのがよいでしょう。たとえば、アサルトライフルのM4はとても人気があります。サバゲーフィールドに行けば、3割程度はM4シリーズのエアガンを使用しているほどです。また、女性なら軽量で持ち運びやすいサブマシンガンをおすすめします。

Q.サバゲーって危なくないの?
A.目を保護していれば、基本的に大きなケガをすることはありません。ただし、動き回るので、転んだりぶつけたりしてケガをすることはあります。

まとめ

いかがでしたか? 今回はサバゲーの道具にまつわる基礎知識をご紹介しました。サバゲーはマニアックな遊びだと思われていましたが、最近はアニメやゲームの影響もあって若い世代を中心に競技人口も増えてきています。レンタルなどを使えば気軽に始めることもできるので、まずはお試し感覚で始めてみてはいかがでしょうか。今回の記事を参考にして、ぜひサバゲーライフを楽しんでくださいね。