サバゲーで双眼鏡を使いたい! 軍用のものでなくても大丈夫?

サバイバルゲーム(以下サバゲー)とは、軍隊の地上戦を模したゲームです。現在は女性プレーヤーも増え、サバゲー専門のフィールドも登場するなどして、プレーヤー人口は年々増加しています。
サバゲーの必須アイテムといえばエアガンとゴーグルです。これだけでもゲームをプレイできますが、よりゲームを楽しむために持っていると便利なアイテムがたくさんあります。

そこで、今回はそんな持っていると便利なアイテムの一つ、双眼鏡について解説しましょう。

  1. サバゲーにおける双眼鏡の役割
  2. 双眼鏡の種類と特徴
  3. 双眼鏡の購入方法
  4. サバゲーにおける双眼鏡の使い方
  5. サバゲーで使う双眼鏡に対するよくある質問

この記事を読めば、双眼鏡の選び方や上手に使うコツも分かりますよ。サバゲー用に双眼鏡の購入を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.サバゲーにおける双眼鏡の役割

サバゲーでは、双眼鏡を索敵(敵を探すこと)に使います。サバゲーのプレイフィールドはさまざまですが、木々の多い森のような場所で敵を探さなければならない場合は、特に重宝するでしょう。

同じように索敵に使うアイテムとしては、スコープ(フィールドスコープ)があります。スコープは望遠鏡の一種で、双眼鏡よりも遠くまで見ることが可能です。

ですから、敵との距離が100m以内の時は双眼鏡を使い、それ以上はスコープで索敵をすると良いでしょう。ちなみに、屋内で使うことはありません。屋外でプレイする時にだけ使うと便利なアイテムです。

ただし、双眼鏡はゴーグルをした状態では使いにくいので、大抵の方はゴーグルを外して双眼鏡をのぞきます。ですから、敵がいつ弾を発射してくるか分からない状態では使えません。

2.双眼鏡の種類と特徴

この項では双眼鏡の種類や特徴、さらにサバゲー向けの双眼鏡の選び方などを紹介します。どのようなものを選べば良いのでしょうか?

2-1.双眼鏡の種類について

双眼鏡には、バードウォッチング用・観戦や観劇用・アウトドア用・軍用などたくさんの種類があります。倍率は2倍~10倍を超えるものまであり、値段もさまざまです。ちなみに、倍率が高くなるほどレンズが大きくなるため、双眼鏡自体も大きくなります。

サバゲーで使用する場合は防水・防じん効果のある丈夫な双眼鏡がよいので、アウトドア用や軍用がおすすめです。

2-2.サバゲーに向いている双眼鏡とは?

サバゲーは野山を駆け回るアクティブなゲームです。あまり双眼鏡が大きいと移動の邪魔になるでしょう。また、双眼鏡は手で持って使うため、倍率が高いものほど手ぶれを起こしやすくなります。
ですから、サバゲーに使う双眼鏡は小型で丈夫なものであることが大切です。広大な原野のような場所でサバゲーを行わない限り、倍率は8~10倍で十分でしょう。

2-3.双眼鏡表示の読み取り方

双眼鏡には、7×35というような表示がつけられています。前が倍率、後ろが対物レンズ(ものを見る方のレンズ)の直径です。この例では倍率は7倍で、対物レンズの直径が35㎜になります。インターネットショップで双眼鏡を購入する際は、この表示を見れば双眼鏡の大きさがおおよそイメージできるでしょう。
なお、対物レンズが大きいほど明るく見えます。草木がおいしげっている場所では思っている以上に日光が届きにくいので、ある程度対物レンズが大きい方が見やすいでしょう。

2-4.双眼鏡のメーカーなどについて

双眼鏡は、天体望遠鏡やカメラのメーカーが主に製造や販売を行っています。有名で人気の高いメーカーには、ニコン・オリンパス・キャノン・ビクセンなどがありますので、初心者の方はこれらのメーカーのラインナップを見てみるのも良いでしょう。サバゲーに使う双眼鏡は、高価なものよりもコンパクトで丈夫なものがおすすめです。

外国製の双眼鏡の場合は、軍の流出品が人気となっています。これらはミリタリーショップのほか、インターネットオークションでも購入できるでしょう。

3.双眼鏡の購入方法

この項では、双眼鏡の購入方法や購入の際の注意点を紹介します。どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

3-1.販売場所について

双眼鏡は、アウトドア用品店やミリタリーショップなどで販売されています。安価なものならホームセンターでも販売されているでしょう。中古品市場も活発で、インターネットオークションにも多数出品されています。

インターネットショップの方が安価に購入しやすいですが、初心者は見え方や持った感触などが確かめられるので、店舗で購入する方がおすすめです。

3-2.買い方について

双眼鏡の値段は数千~数万円と幅があり、安価でも品質のよいものが豊富です。しかし、中には対象物が歪んで見えたりぼやけて見えたりするものもあります。安価なものほどメーカー製の商品を選び、可能ならば見え方をチェックしてから買いましょう。そうすれば、失敗することも少なくなります。

3-3.中古品を選ぶ際の注意点

サバゲーで双眼鏡を使用すれば、どうしても汚れたり傷がついたりします。ですから、中古品で十分という方もいるでしょう。また、軍の放出品はほとんどが中古品です。中古品は専門店のほか、インターネットオークションでも販売されています。オークションには、時として掘り出し物が出品されていることもあるでしょう。うまくいけば良い品を安く手に入れられるかもしれません。
その一方で、手入れがされていないジャンク品も出品されています。オークションを利用する場合は、値段だけでなく記載されている写真や注意書きを良く読んだうえで入札しましょう。

3-4.レンタルという方法もある

双眼鏡はサバイバルゲームで使用するアイテムの中では、それほど高価なものではありません。とはいえ、安いものでも数千円はします。また、使う場所も限定されるので、「欲しいけれど買う踏ん切りがつかない」という方もいるでしょう。そのような方は、サバゲーフィールドで双眼鏡をレンタルしてみるのも一つの方法です。

サバゲーフィールドとは、サバゲー専用に運営されている場所を指します。初心者でも安全にサバゲーが楽しめるほか、1人でもサバゲーが楽しめる講習会などを行っているフィールドもあるのです。道具のレンタルも行っているので、利用してみましょう。

なお、双眼鏡は通常のレンタルショップでも借りることができますが、サバゲーをしている最中に汚したり傷をつけたりしてしまう可能性があります。可能な限りレンタルはサバゲーフィールドで行いましょう。

4.サバゲーにおける双眼鏡の使い方

双眼鏡というと首からぶら下げて持ち歩くイメージがありますが、サバイバルゲームでは首からものをぶら下げると移動の邪魔になります。また、ひもが木の枝や茂みに引っかかると危険です。双眼鏡は敵から遠く離れた場所で使います。索敵が終了したら専用のケースやバックパックのポケットに入れて移動しましょう。小型の双眼鏡でしたら、ポケットに入るものもあります。

サバゲーが終了したら、双眼鏡はほこりや汚れを払い、風通しの良いところで湿気を取った後で湿度40%くらいの場所で保管しましょう。レンズにカビがつかないように定期的にマイクロファイバー製の布でふくと、長持ちします。

5.サバゲーで使う双眼鏡に対するよくある質問

Q.オペラグラスでは双眼鏡の代わりになりませんか?
A.オペラグラスでは簡易的すぎて、屋外ではほとんど役に立たないでしょう。

Q.アウトドア用よりも軍用の方が丈夫ですか?
A.現在は、アウトドア用の双眼鏡も丈夫にできていますし、ものによっては軍用よりも使いやすいでしょう。軍用に無理にこだわることはありません。

Q.双眼鏡をのぞきながら前進してもよいものでしょうか?
A.危険ですので、双眼鏡をのぞきながら移動するのはやめてください。

Q.双眼鏡にBB弾が当たっても、ヒットになりますか?
A.はい。なりますのでフィールドから出てください。

Q.双眼鏡用の専用ケースは購入した方がよいでしょうか?
A.あれば便利ですが、バックパックのポケットでも代用できます。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回はサバゲーにおける双眼鏡の使い方や購入の方法などを紹介しました。双眼鏡は、サバゲー以外にもバードウォッチングやスポーツ観戦などにも使える便利なアイテムです。家族の共有物として購入してもよいでしょう。使ったら必ず手入れする習慣をつければ、長持ちします。サバゲーフィールドでレンタルして使い心地を試し、便利だと思ったら購入してもよいでしょう。

充実のレンタル設備でサバゲー未経験の方も安心!