サバゲー初心者は必見!サバゲーフィールドのルールや会場の選び方


サバイバルゲーム(サバゲー)を楽しむためにはサバゲー会場を見つけてゲームに参加しなければなりません。「1人では参加しづらい」と不安になりますが、1人・初心者でも参加OKのサバゲー会場がほとんどです。何も心配する必要はありませんよ。サバゲーフィールドで楽しく遊ぶためにも、サバゲーの基本的な遊び方やサバゲーの会場・専用フィールド利用の流れなど詳しくチェックしておきましょう。

  1. サバイバルゲーム(サバゲー)とは
  2. サバイバルゲームの会場について
  3. サバイバルゲーム専用フィールドの選び方
  4. サバゲー会場の設備・人気のサービスとは
  5. サバゲー会場・専用フィールド利用の流れ
  6. サバゲー会場にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、サバゲーフィールドの基礎知識が入手できます。自分に合ったサバゲーフィールドが選択でき、思う存分ゲームが楽しめるでしょう。

1.サバイバルゲーム(サバゲー)とは

サバイバルゲーム(サバゲー)は敵味方にわかれてエアガンで撃ち合うゲームのことです。男性だけでなく、サバゲーにはまる女子や子どもも増えてきています。まずは、サバゲーの基本的な遊び方や魅力・面白さ・必要な道具・装備など詳しく説明しましょう。

1-1.サバゲーの基本的な遊び方

サバゲー初心者が覚えておくべき、基本的な遊び方を説明します。サバゲーはエアガンとBB弾を使用して撃ち合うチーム戦です。フィールドと呼ばれる戦闘エリア内で敵味方の2チームにわかれます。そして、両陣にある旗(フラグ)を先に奪ったチームが勝つ遊びです。BB弾が当たった場合、自己申告して戦線離脱します。フラグを奪うか、チーム全員が全滅するかでゲーム終了です。

1-2.サバゲーの魅力・面白さ

サバゲーの魅力・面白さは日常ではない緊張感や空間を味わえることです。昔からおもちゃの銃で撃ち合うのが大好きな人は特にはまるでしょう。普段持つことができないエアガンで敵をヒットしたときの充実感、そして、仲間と協力しながらフラグをゲットしたときの達成感は圧倒的な快感です。1度参加すればはまること間違いなしのゲームといえます。

1-3.サバゲーの必要な道具・装備

サバゲーに参加するには必要な道具・装備を準備しなければなりません。最低限用意してほしいのはサバゲーの服装です。サバゲーに参加できる服装は長袖・長ズボン・動きやすい運動靴(ブーツ)の3点セットになります。服に加えて、頭を保護する帽子・顔を保護するマスクやスカーフ・ゴーグルなどサバゲーの装備があれば良いでしょう。エアガンやBB弾はフィールド会場でレンタルできるので、最初から用意する必要はありません。初心者はまず、サバゲーがどんな雰囲気なのか経験することが大切です。

2.サバイバルゲームの会場について

サバイバルゲームをするには、専用のフィールドに行かなければなりません。サバゲー会場はどこにあるのか、専用フィールドとは何なのか、詳しく説明します。

2-1.どこでサバゲーをやるのか?

サバゲー会場は林や森の中、空き地など広々とした場所にあります。林や森の中が多いため、中心街から離れた場所がほとんどです。けれども、サバゲーのインドアならビルの中や地下など街中にもフィールドが存在しています。

2-2.専用フィールドとは?

専用フィールドとはサバゲー専門につくられたフィールド・場所のことです。サバゲー専用なので、定期的にイベントが開催される・平日もサバゲー戦を実施しています。専用フィールドには障害物があるので、より一層リアルな現場で楽しめるものです。たまに、知り合いから使っていない裏山を借りてサバゲーをする人がいます。しかし、整地されていない原生林は草がぼうぼうに生えており、初心者には不向きです。ケガをする恐れがあるため、きちんと整備された専用フィールドで遊ぶことをおすすめします。

2-3.サバイバルゲームの料金

サバゲーの料金は定例会・月例会・交流会の参加費用です。定例会・月例会・交流会とは初心者・1人でも楽しめる自由参加型のサバゲーになります。男女ともに2,000円~4,000円が目安になるでしょう。平日よりも土日祝日のほうが高くなります。定例会の内容によって費用が変わることもあるため、事前にホームページなどでチェックしてください。

2-4.サバゲーフィールドの使い方・基本マナーについて

サバゲーに参加するときは基本ルール・マナーを守ることが大切です。チーム戦なので周囲と協力し合わなければケガにつながります。サバゲーフィールドには「セーフティーゾーン」が存在しているのをご存じでしょうか。セーフティーゾーンとは安全地帯を意味しその場では人に銃口を向けることはできません。そのため、必ずエアガンを撃てない状態にしてください。基本中の基本ですが、ヒットされたのにもかかわらずゲームを続行するのもNGです。撃たれたら自己申告をしてセーフティーゾーンに退却しましょう。サバゲー会場や定例会の内容によってルールが異なります。参加する前に説明があるので、きちんと聞いてくださいね。

3.サバイバルゲーム専用フィールドの選び方

サバイバルゲーム専用フィールドで遊ぶメリットやフィールドの種類・サービス・設備の違いについて説明します。サバゲーを楽しむためにも知っておきたい内容です。

3-1.サバゲ―専用フィールドのメリット

サバゲー専用のフィールドは誰でも楽しめるよう整備されています。また、実際に戦うフィールドのそとには休憩のためのテーブル・イスや更衣室・トイレ・自動販売機などそろっているのです。整地されていないフィールドでは利用できない施設が充実しています。1日中楽しめるのもサバゲー専用フィールドならではでしょう。

3-2.サバゲー専用フィールドの種類

サバゲー専用フィールドの種類は大まかに「インドア」と「アウトドア」があります。サバゲー=そとでおこなうものと思いがちですが、室内でサバゲーが楽しめるインドアフィールドもあるのです。インドアでは、室内独特の暗さ・狭さでサバゲーを楽しむことができます。インドア戦は接近戦が増え、アウトドア戦は遠距離戦になるでしょう。サバゲー上達者になれば、フィールドによって使用するエアガン・装備を変えてきます。

3-3.サービス・設備の違い

サバゲー会場によってサービス・設備に違いが出てくるでしょう。たとえば、業界最大手の千葉県にあるNO.9(ナンバーナイン)では初心者・女性でも安心できるサービス・設備が充実しています。女性専用の更衣室や温水洗浄便座完備・個室シャワーなど女性にうれしいサービスが充実しているのです。また、アウトドアにもかかわらず衛生面を最大限に考慮しています。

NO.9:http://www.no9-co.jp/

4.サバゲー会場の設備・人気のサービスとは

サバゲー会場の設備やサービスについてもっと詳しく掘り下げていきましょう。安心してサバゲーを楽しむためにも設備・サービスのチェックは必要不可欠です。

4‐1.女子受けのいいサバゲー設備

女性にとって気になるのは「衛生面」「安全性」の2つになるでしょう。女子に人気があるといってもサバゲーの参加率は男性のほうが圧倒的です。恋人と参加したいけれど着替える場所がない、安心して汗をかけないなど女性ならではの心配事が出てきますよね。そんな女性の不安に応え、「女性専用」のシャワー室や更衣室を設置しているところもあるので安心してください。水まわりがキレイだと安心して参加できますね。

4‐2.レンタル

初心者の場合、サバイバルゲームの装備や服装に悩みがちです。用意したけれど間違っていないかどうか不安になる気持ちはわかります。不安になったときはレンタルを利用してください。サバゲーフィールドの「NO.9」では服上下・ゴーグル・電動ガンの一式セットが3,800円でレンタルできますよ。レンタルサービスが充実していると初心者でも安心です。

4‐3.食事

1日中遊ぶ場合、食事をフィールド会場でとることになります。きちんと設備を整えているフィールドでは食事ができるスペースを設けているのでゆっくりできるでしょう。ご飯を持ち込むのもOKですが、食事を提供しているフィールドもあります。ただし、予約制・ナイトゲーム時は利用できないなどルールが決まっているので注意してください。ちなみに、「NO.9」では女性のお食事無料サービスをおこなっています。

4‐4.イベント

サバゲー初心者はイベントが充実しているフィールドをおすすめします。イベントとは、フィールドが主催しているゲームのことです。1人からでも参加できるイベントが充実しているといつでも気軽に参加できるでしょう。「初心者なので参加しづらい…」と思っている方はフィールドスタッフが完全サポートするイベントに参加してみてください。スタッフが一から丁寧に教えてくれますよ。

4‐5.初心者が1人で行けるサバゲー会場とは

実際、サバゲーが始まると1人ぼっちの参加は関係ありません。仲間と協力し合うのが前提のゲームなので、知らない人ともすぐ交流できます。しかし、初めてサバゲーに挑戦する方にとっては不安でいっぱいになっているでしょう。不安で仕方がない方は大規模のサバゲー会場に行ってください。大規模で人気のあるフィールドほど多くの人が集まります。1人での参加者が多いので、心細い気持ちも薄れるものです。

4‐6.その他・人気のサービス

人気の高い「NO.9」フィールドにはシューティングレンジが完備されています。シューティングレンジとは、ゲーム前の試射・調整ができる場所のことです。最長45mでシューティング練習ができます。サバゲーでスナイパー銃を使ってみたい方は、ぜひシューティングレンジで試し撃ちをしてみてください。

5.サバゲー会場・専用フィールド利用の流れ

サバゲー会場・専用フィールドを利用する流れをご紹介します。フィールド会場でトラブルにならないよう、事前にチェックしておきましょう。

5‐1.申し込み方法

初心者でも参加できる定例会は当日参加も可能です。ただし、参加人数がいっぱいだと当日参加できない恐れがあります。必ず参加したい方はインターネットか、または電話・メールで事前予約をしたほうが安心です。ちなみに、設備が整っているフィールドでは日程の予約状況がホームページで確認できますよ。

5‐2.利用方法

申し込みをした後、タイムスケジュールをチェックしてください。定例会に参加する際、時間厳守が基本です。何時にチームわけ・ルール説明・注意事項の確認などきちんと決まっています。時間に遅れてしまうとほかの参加者に迷惑をかけてしまうでしょう。時間に余裕を持ってフィールドに行き、受付を済ませてください。

5‐3.料金設定

サバゲーの料金がきちんと設定されているかどうか、フィールドを選ぶポイントになります。料金設定がホームページに記載されているフィールドは安心して遊べるでしょう。また、フィールドによって平日・祝日・時間帯で料金設定が異なります。料金がわからない場合はフィールドに問い合わせて確認してくださいね。

5‐4.定例会について

サバゲー初心者におすすめしたいのがフィールドによって開催される「定例会」です。定例会の内容には初心者向き・上達者向き・ハンドガン戦などサバゲーの戦術や参加者に制限がかけられている場合もあります。自分好みのゲーム内容に参加できるのが、定例会のメリットでもあるのです。巨大フィールドの「NO.9」では毎月第2土曜日に【土曜定例会】・毎月第4日曜日に【月例会】・平日毎週水曜日に【平日交流会】を実施しています。

6.サバゲー会場にかんしてよくある質問

サバゲー会場にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。これから、サバゲーに参加しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

6‐1.サバゲー会場で注意すべきこととは?

サバゲー会場によってルールや決まりごとが異なります。直接、フィールドに行く前にホームページでサバゲー会場の注意点を確認しておきましょう。ちなみに、「NO.9」ではサバゲーフィールドでの戦闘にかんして「ゴーグル」の着用が義務づけられています。

「NO.9」ルール説明ページ

6‐2.サバゲー会場に駐車場はあるのか?

大規模のサバゲー会場なら駐車場があります。ただし、駐車場にとめられる台数は限られているので、公共交通機関での移動がおすすめです。

6‐3.サバゲー初心者におすすめの電動ガンとは?

扱いやすいハンドガンが良いでしょう。逆に、長距離戦に役立つスナイパー銃は慣れるまで難しいです。

6‐4.やってはいけないこととは?

フィールド内にいるときは装備を身につけたままでOKです。しかし、サバゲーフィールド以外の場所に行くときは装備をしたまま外出してはいけません。ゲームの装備はフィールド内だけにしてください。

6‐5.よくあるトラブルとは?

初心者にありがちなのが「ヒットコール」を忘れることです。BB弾に当たったときは必ず手をあげて「ヒット!」と叫んでください。ヒットコールをすることで「戦闘からはずれた人」と攻撃対象外になります。

まとめ

いかがでしたか?サバゲーフィールドの使い方や基本的なルールを把握しておけば、初心者でも安心してサバゲーを楽しむことができます。きちんとルールを把握しなければトラブルになってしまうので注意してください。初心者は多くの人が集まりやすい、大規模のフィールド会場を選ぶと良いですよ。また、定例会やサービス・設備が充実しているフィールド会場は女性でも安心して楽しめるでしょう。


業界トップクラス!
15,000坪の巨大フィールドに充実の設備。

サバイバルゲームNO9
千葉県印西市岩戸2506-1
TEL:0476-99-0910
(受付時間10:00~17:00)