サバゲーのフラッグ戦に勝ちたい。どんなテクニックを使えばいいの?

サバイバルゲーム(以下、サバゲー)は軍隊の地上戦を模したゲームです。
いろいろな遊び方がありますが、最もポピュラーなルールにフラッグ戦があります。
そこで、今回はフラッグ戦のテクニックについてご紹介しましょう。
敵をすべて倒すことが目的の殲滅戦(せんめつせん)とは異なり、フラッグ戦はチームワークが重要になります。
また、フラッグ戦の花形であるフラッグゲットをする方法などもご紹介しましょう。
サバゲー初心者は必見ですよ。

  1. サバゲーにおけるフラッグ戦とは?
  2. フラッグ戦に勝利するためのコツとは?
  3. フラッグゲッドをする際の注意点
  4. おわりに

1.サバゲーにおけるフラッグ戦とは?

サバゲーとは、軍隊の地上戦を模したゲームです。
遊び方は色々ありますが、初心者から上級者まで楽しめるゲームとして人気なのがフラッグ戦。
お互いの陣地に立ててある旗を敵に奪われたらゲームオーバーです。
サバゲー以外のスポーツでも取り入れられていることが多いので、初心者でもルールが分かりやすいでしょう。
敵を全滅させることが勝利の条件である殲滅戦(せんめつせん)よりも、チームワークと戦略が必要です。
ですから、初心者から熟練プレーヤーまで楽しめるため、サバゲーといえばフラッグ戦をするというチームも少なくありません。
しかし、その一方でやみくもに突き進んでいくとすぐに撃たれてしまったり、フラッグゲットを焦るあまりチームワークを乱してしまったりすることもあるでしょう。
フラッグ戦は単に射撃技術が高いだけでは勝てないゲームなのです。

2.フラッグ戦に勝利するためのコツとは?

この項では、フラッグ戦に勝利するための攻略方法や戦略ポイントなどをご紹介します。
フラッグ戦はディフェンスとオフェンスのバランスが大切。
初心者の方はぜひ参考にしてください。

2-1.攻めるだけでなく、防御も大切

フラッグ戦は相手チームの旗を取るだけではありません。自チームの旗を守らなければならないのです。
ですから、一斉に相手チームに攻撃をしかければ、あっという間に旗は取られてしまうでしょう。
かといって、全員で旗を守れば、ゲームが進みません。大切なのはディフェンスとオフェンスのバランスです。
旗を守るのに、多数の人を使う必要はありません。敵が旗を狙ってくるのはわかっています。
ですから、旗が見えて狙撃しやすい位置にディフェンダーやスナイパーを配置しておきましょう。
そうすれば、少ない人数でも十分旗を守れるでしょう。

2-2.アタックは集団で行う

殲滅戦(せんめつせん)の場合は、基本的に個人戦が主流になります。
しかし、フラッグ戦はチームプレイが大切。自分たちが旗を守っているのと同じように敵も旗を守っています。
ですから、単身旗に突撃したところで、ディフェンダーやスナイパーの的になってしまうのです。
そのため、旗にアタックする場合は必ず複数で行きましょう。
ディフェンダーやスナイパーの狙撃を防ぐ人と、フラッグアタックをする人に分かれれば、敵も狙いをつけにくくなります。

2-3.隠れている敵は見つけ出そう

旗を守るディフェンダーは、大抵隠れています。ですから、不用意に近づけば狙撃されてしまうでしょう。
このような場合は、銃をセミオートにして探り撃ちなどをしてみてください。
銃弾が飛んでくれば敵も応戦します。弾が飛んできた方向で敵の位置が分かるでしょう。
また、フラッグの正面から突撃するのは、敵に丸見えとなっている可能性が高いです。
ですから、フラッグを取りに行く場合は側面から突撃しましょう。
フラッグゲットになるには、先頭に立ってアタックをしかけなければなりません。
先頭は最も狙撃されやすい位置です。
しかし、だからといって誰かの後ろに隠れて進み、最後だけいい思いをしたいと考えてはいけません。
フライングゲットをしたいのは誰もが同じです。
ですから、栄誉をつかみたいのならば、リスクを承知で行きましょう。

2-4.ディフェンダーやスナイパーはすべて倒した方がよいの?

先頭集団をおとりに使い、敵の注意を彼らのひきつけているすきにフラッグをゲットする作戦もあります。
しかし、ディフェンダーの数が想像以上に多かったり、スナイパーの射撃能力が高かったりした場合は、アタック集団が全滅する可能性もあるのです。
ですから、できるだけディフェンダーやスナイパーは倒してからフラッグを取りに行きましょう。
ただし、ぐずぐずしていると敵のアタッカーが引き返してくる恐れがあります。
このあたりの駆け引きがフラッグ戦の面白いところでもあるのです。
ですから、「必ずこうしなければならない」と決めつけることはしない方がよいでしょう。

2-5.指示は誰が出してもよい

フラッグ戦はチームプレイが重要になってきます。ですから、指示を出す人も必要です。
しかし、その指示は必ずチームリーダーが行う必要もありません。
条件によってはリーダーがディフェンダーになることもあるでしょう。
ですから、自分が誰かの助けを借りてアタックをしたいという場合は、初心者でも指示を出してもいいのです。
ただし、味方を盾にするような指示の仕方はやめましょう。
必ず、指示を出した人が先頭を切ってアタックしてください。

3.フラッグゲッドをする際の注意点

フラッグゲッドをする際、歩いてゆっくりと旗を取るということはほとんどありません。
大抵の場合は、走りながら旗を取る「フラッグダッシュ」という方法を取ります。
しかし、このときに弾に当たっても気がつかないという方も多いでしょう。
旗を取った後に、初めて自分が撃たれていたと分かった場合、ゾンビ行為にはあたりません。
しかし、旗をゲットした行為自体が無効になる可能性はあります。
また、狙撃されたのがいつかはっきりしない場合は、旗を取る前に撃たれたのか旗を取った後で撃たれたのかで、トラブルになることもあるでしょう。
ですから、チームによってはフラッグダッシュを禁止しているところもあります。
さらに、旗を取った後で狙撃されていることが分かった場合は、理由を問わずフラッグゲットを無効にするというルールを適応しているところもあるのです。
ですから、できるだけトラブルになるようなことは避けましょう。
また、見方をだましておとりにし、そのすきにフラッグゲットをするのもやめてください。
いくら戦略上は有効な策でも、だまし討ちのようなことをすれば、不信感はつのります。
サバゲーはあくまでもゲームです。信用を失うことはやめましょう。

4.おわりに

いかがでしたか?今回は、フラッグ戦のテクニックなどをご紹介しました。
初心者の場合は、とにかく旗を取ろうとやっきになってしまう方もいるでしょう。
しかし、フラッグゲットを無理にする必要はありません。
味方と足並みを合わせてゲームに勝利することを考えましょう。
また、狙撃の腕をあげればスナイパーやディフェンダーとして重宝されることもあります。
スナイパーやディフェンダーは地味ですが、敵を倒し続けていけば、勝利に貢献できるのです。
フラッグ戦は「自分が目立たなければ」と思う必要はありません。
また、指示されたら必ず従いましょう。「自分は勝手にやる」とばかりに勝手な行動を取れば、次は自分が指示をしようとと思っても誰も従ってくれません。
また、初心者で何をしたらよいのかわからないという場合は、ディフェンダーに選ばれない限りは、とにかく旗を目指しましょう。

充実のレンタル設備でサバゲー未経験の方も安心!