大人気のサバゲー!孤高の存在スナイパーの役割と装備をご紹介します。


スナイパー

スナイパーと聞くと、映画やドラマでの立ち回りに憧れる方も多いでしょう。俊敏な動きと鋭い眼光が格好よく映りますよね。映画「スナイパー」の公開で一気に人気が高まりました。
サバイバルゲームが流行(りゅうこう)し、サバゲーという言葉が浸透しつつあります。サバゲーではスナイパーの役割はととても重要なポジション。これからサバゲーを始めたいと考えている方も、この記事を参考にサバゲーを思いっきり楽しんでくださいね。
サバゲーにおけるスナイパーの役割や装備などを詳しくご紹介します。

  1. スナイパーの役割
  2. スナイパーに必要な能力
  3. スナイパーの装備
  4. サバゲーで大切なこと
  5. まとめ

1.スナイパーの役割

スナイパーとは、狙撃手の意味です。ターゲットを遠方からでも狙撃できる、精密なコントロールが可能な専門要員を指します。長距離狙撃も正確にこなせるのが、スナイパーの特徴です、
サバゲーにおいてスナイパーはどのような役割を持っているのでしょうか?

1-1.スナイパーの役割

1ゲームがあっという間に終わってしまうサバゲーでは、展開の早さに戸惑う方も多くいらっしゃいます。
スナイパーに大切なのは、敵に見つからずに行動し、いかに隠れたまま敵を狙撃できるかということ。隠密(おんみつ)行動・潜伏・狙撃がキーワードだといわれています。
遠方から敵陣を守る人を攻撃し、敵を征服しやすい状況を作り出す人物が必要です。
どの場所にどのくらい潜伏し、いつ狙撃するかを把握していないと、気づけばゲームが終わっているということもあります。

1-2.チーム支援と敵への抑止力

敵が通過するルートで待ち伏せて狙撃し、戦意喪失・進軍を阻止する・足止め・撤退など、スナイパーの役割はとても重要です。
隠密(おんみつ)行動を取りながら、存在感をアピールできること。サバゲーを優位に進めるために、敵への抑止力になる大切な存在です。
サバゲーでは、5つのポジション設定が存在します。

  • 前衛としてフィールド内を動き回り攻撃するアタッカー(攻撃手)
  • 敵を妨害してかき乱した上で仲間のアシストをするタクティクス(陽動手)
  • 自陣の防衛や守備を行うディフェンダー(防衛手)
  • 無線などで自陣をコントロールするコマンダー(指揮官)
  • 隠密(おんみつ)行動で敵を遠方から狙撃するスナイパー(狙撃手)

2.スナイパーに必要な能力

サバゲーを有利に進めるために大切なスナイパー。敵の侵攻に合わせながら、距離を保ち、遠距離でも正確に狙撃できる能力が求められています。
これからスナイパーをめざす方は参考にしてみてください。

2-1.狙撃能力

スナイパーで最も重要なのは狙撃能力です。ターゲットは静止しているとは限らず、動いている敵も狙わなくてなりません。
敵がどのような動きをするのか、未来予測できる能力も重要です。狙撃にミスすれば、スナイパーは敵陣からの砲撃を無数に浴びることになります。

2-2.判断能力

一気にポジションを確保しても、周囲に味方がいなければ孤立状態に陥ります。敵に攻撃すべきか、近づいてきた敵をそのまま攻撃せずに背後から狙うべきか、フラッグを狙うかなど素早い判断能力が必要です。

2-3.協調性

サバゲーは狭い空間で行うことがほとんど。敵を狙っていても、チームの射撃エリアに入ってしまう恐れもあります。
状況によっては狙撃に夢中になりすぎず、チームが有利になるよう敵の情報を仲間に伝えるなどの協調性を大切にする必要があるでしょう。孤高の存在であるだけではなく、チーム勝利に導く立ち回りをしなければいけないということです。

3.スナイパーの装備

サバゲーにおいて迷彩服を着用するのが一般的ですが、スナイパーは敵の目を欺き、見つからないように行動するのが大前提。スナイパーになりたい方は参考にしてみてください。
また、スナイパーが装備するアイテムについてもご紹介します。

3-1.ギリースーツ

ギリースーツを着用するスナイパーは多くいます。ただし、選ぶときはフィールドカラーに合ったものを選ぶことが大切です。ギリースーツは動きが鈍くなりますので、敵の行動をしっかり見極めて行動しましょう。不用意に動くことで見つかったときにすぐに射撃されてしまう可能性も。
ギリースーツを着用する前に、一般の迷彩服でスキルを磨くと効果的に使いこなすことができるでしょう。
ギリースーツで偽装していても、動き方にもコツがあります。基本的にスナイパーはむやみに動きまわらずポジションを決めて狙撃し、移動する場合は匍匐(ほふく)前進で行いましょう。

3-2.エアガン

狙った場所を狙撃できる命中精度、乱暴に扱うことがあっても頑丈な耐久性、ランニングコストなどを踏まえてエアガンを選ぶといいでしょう。
エアガンにはいくつかタイプがあります。

  • 次世代電動タイプ
    金属製のリアルな外観。射撃時の反動を感じられるのも魅力。重厚感があり、頑丈な作り。価格が高いデメリットも。
  • ハイサイクル電動タイプ
    次世代電動タイプやスタンダードタイプに比べ2倍の連射能力を持つ分、弾切れしやすいのが難点。
  • スタンダードタイプ
    最も標準的なもの。種類が多く、リーズナブル。射撃性能は、次世代電動タイプと同等。豊富なカスタムパーツで好みの改造を施せるメリットも。
  • コンパクトタイプ
    スタンダードタイプより小さめ。軽量で扱いやすいが、ほかに比べ威力が弱め。幅広いユーザーが愛用。
  • ハンドガン
    ピストル型でコンパクトだが、威力が弱い。補助的に使うケースがほとんど。リーズナブルな価格。

現在、エアガンの飛距離は40mが限界だといわれていますが、カスタムパーツを施すことで55m近くまで飛距離を伸ばすことができるようです。自分なりのカスタマイズを楽しむのも、サバゲーの醍醐味(だいごみ)なのではないでしょうか? 
自分に合う装備を探して楽しんでくださいね。

3.サバゲーで大切なこと

サバゲーを始めると、それぞれのポジションに夢中になって役割を果たすことだけを考えてしまいがちです。よりサバゲーを楽しむには、状況に応じた臨機応変さを持つこと。
スナイパーでも戦況の変化により最前線で戦うなど、戦術を変えてバトルを展開し、もっとサバゲーを面白くしていけるはずです。
また、サバゲーはポジションを与えられ行いますが、チームプレイであることを認識しなければ成り立ちません。常に自分と仲間の位置関係を把握しておきましょう。
仲間との距離は、見失わない10m以内が理想だといわれています。しかし、5m以内に接近してしまうと、敵に射撃されたときに共倒れしてしまうため、適度な距離感を保(たも)つことが大切でしょう。

4.まとめ

今人気を集めているサバゲーについてご紹介しました。

  • スナイパーの役割
  • スナイパーに必要な能力
  • スナイパーの装備
  • サバゲーで大切なこと

スナイパーは隠密(おんみつ)行動を取り、遠方から的確にターゲットを狙撃できる高い能力を備えています。戦況に応じて臨機応変な戦術を取り入れることで、サバゲーをより面白く展開していくことができるでしょう。これからサバゲーでスナイパーになりたいと考えている方は参考にしてみてください。


充実のレンタル設備でサバゲー未経験の方も安心!