サバイバルゲーム(サバゲー)でうまく防御するコツとは?

サバイバルゲーム(以下、サバゲー)は軍隊の地上戦を模したゲームです。
かつては一部の愛好家たちの遊びでしたが、今はスポーツ感覚で幅広い年齢層の方に楽しまれています。
しかし、初心者の中には「すぐに被弾して面白くない」という人もいるのです。
サバゲーの初心者は、防御の仕方が分からないという方が少なくありません。
そのため、ゲーム開始直後に被弾してしまう人が多いのです。
そこで、今回はサバゲーの防御のコツをご紹介します。
防御がうまくできるようになれば、それだけ長くフィールドにいられるでしょう。
サバゲーの初心者は必見ですよ。

目次

  1. サバイバルゲームの防御とは?
  2. なぜ、初心者は被弾しやすいの?
  3. サバゲー初心者が防御力をアップする方法とは?
  4. おわりに

1.サバイバルゲームの防御とは?

サバゲーでは、楯(たて)は使えません。どのような部分に弾が当たってもゲームオーバーになります。
ですから、サバゲーにおける防御とは「隠れる技術」と「敵の弾が当たりにくくする技術」なのです。
ちなみに、サバゲーは味方の弾に当たっても退場になります。
ですから、味方の動きを邪魔しないことも大切です。

2.なぜ、初心者は被弾しやすいの?

この項では、初心者がやってしまいやすいサバゲーでの行動をご紹介します。
お心当たりがある方も、多いのではないでしょうか?

2-1.頭を出して索敵する

サバゲーで索敵をする際、つい頭を出して行ってはいませんか?
人の頭から肩のラインというのは、自然界ではあまり存在しない形です。
ですから、迷彩柄の帽子などをかぶっていても、ひょこひょこと動いていればとても目立ちます。
また、頭が出ているということはその下に体もあるということ。
茂みなど弾が貫通するバリゲードに隠れている場合は、バリゲードを狙われることもあります。

2-2.複数でかたまって動く

小さな的よりも大きな的の方が狙いやすいです。
サバゲーの初心者は、どう動いていいか分からずに、かたまって動く方も多いでしょう。
まさに、大きな的になっています。
また、大勢がかたまって移動すれば遠くからでも目立つでしょう。

2-3.攻撃に夢中になって周りが見えていない

打ち合いが始まると、初心者は攻撃に集中してしまうことが多いです。
攻撃をしているときは前にいる敵だけに意識が向き、そのほかの場所は見えなくなることも少なくありません。
その結果、周りが皆撤退したのに自分だけ残っていたり、側面からの攻撃にあっけなく被弾してしまったりします。
特に、サバイバルゲームは打ち合いになる時間が短いので、夢中になりすぎないように注意が必要です。

2-4.声を上げやすい

サバイバルゲーム中は、できるだけ声を上げない方が敵に見つかりにくいです。
しかし、初心者はどうしても、声を上げて仲間を呼んだり次の行動を相談したりしがち。
また、人は緊張するとしゃべることでそれを解消しようとします。
ですから、ついついおしゃべりをしてしまいがちです。
人の声というのは、案外遠くまで聞こえます。
静かな場所でならなおさらでしょう。
声を上げるということは、自分の居場所を教えるのと同じことです。

3.サバゲー初心者が防御力をアップする方法とは?

では、サバゲー初心者が防御力をアップするにはどうしたらよいのでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

3-1.移動は中腰で、素早く行う

地面に近い位置にいるほど、狙いがつけにくくなります。
ですから、移動するときは腰を落とし、小走りしましょう。
また、移動場所を決めてから動いてください。
動き始めてから「どこへ行こうかな」と迷っていると、格好の的になります。
また、複数で一度に移動しないこと。
本人はこっそり行っているつもりでも、とても目立つでしょう。

3-2.聴覚をフル活用する

索敵は目で行いますが、聴覚も使いましょう。
特に、枯れ葉や枝をふむ音はよく聞こえます。
また、ブーツの足音は室内でも響くのです。
目は前を向いて、両耳を澄ませばかなり広範囲で何が起こっているかチェックできるでしょう。

3-3.索敵は素早く

前述したように、人の頭というのはとても目立ちます。
規則的に頭を出して索敵すれば、あっという間に気づかれてしまうでしょう。
ですから、バリゲードから顔を出す場合は、不規則なタイミングで行います。
また、茂みなど隙間のあるバリゲードの場合は、そこから様子をうかがえば頭が出ることもありません。
また、サバイバルゲームはかくれんぼではないのです。
一か所に長くとどまっているほど、敵に発見されやすくなるでしょう。

3-4.打ち合いは1分以内に終わる

打ち合いになると、一気に興奮して訳が分からなくなってしまう人も、珍しくありません。
しかし、打ち合いは長くても1分少々でおわります。
ですから、心を落ち着けて引き金を引きましょう。
また、打ち合いながらも次はどこに移動するかも考えてください。
フィールド上で全身を見せて打ち合えば、ほかのプレーヤーの的になるだけです。

3-5.味方の動きも把握しておく

サバイバルゲームは、味方の弾に被弾してもゲームオーバーになります。
ですから、味方の動きもある程度把握しておきましょう。
味方が銃を構えているすぐ前を横切ったら、打たれる可能性が高いです。
また、急いでいるときは敵と味方の区別がとっさにつかないこともあります。
ですから、できるだけ味方の銃口の前には飛び出さないように、どこに誰がいるのかを大まかでいいのでつかんでおいてください、

3-6.サバイバルゲームの講習会に参加してみよう

さて、ここまで大まかにサバゲーの防御のコツをご紹介してきました。
サバゲーで防御力をアップさせるには、経験を積むことが一番です。
しかし、サバゲーはチームプレイ。なかなかゲームができないという方もいるでしょう。
そこで、サバゲーフィールドで開催されている、講習会に参加するという方法もあります。
サバゲーフィールドとは、サバゲーが楽しめるように作られた場所のこと。
敷地はフェンスで囲まれていますから、部外者が勝手に入ってこられません。
また、道具の貸し出しや、ひとりプレイも受けつけてもらえるところもあるでしょう。
サバゲーフィールドの中には、初心者を対象にゲームの楽しみ方の講習会を開いてくれているところもあります。
それに参加すれば、ゲームを楽しみながら防御量もアップできるでしょう。
仲間がいないから、とあきらめることはありません。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は、サバゲーの防御のコツについてご説明しました。
まとめると

  • サバゲーでの防御とは、隠れたり弾を当たりにくくしたりすること。
  • 移動は中腰で、バラバラに動くことが基本。
  • バリゲードから定期的に頭を出さない。
  • 目的地を定めてから移動する。
  • 目だけでなく、聴覚もフル活用しよう。

ということです。
初心者がすぐに防御力をアップさせることは難しいでしょう。
最初のうちは、ゲームを開始して数分で被弾してしまうことも珍しくありません。
しかし、ここで面白くないとやめてしまってはもったいないです。
防御力をアップするコツは、経験者の動きをまねること。
特に、ベテランほど動きに無駄がありません。
もし、許されるならばベテランの後をついていきましょう。
また、初心者が複数いる場合は、一緒に行動してはいけません。
バラバラに行動するだけで、的に見つかりにくくなります。
また、バリゲードに隠れるときもできるだけ少人数で行いましょう。

充実のレンタル設備でサバゲー未経験の方も安心!