サバゲーの初期費用はどのくらいかかるの? お得に始める方法はある?

サバイバルゲーム(以下サバゲー)は、軍隊の地上戦を模したゲームです。
かつてはマニアックな趣味のひとつでしたが、今では女性や学生の間でも楽しむ人が増えています。
では、サバイバルゲームを始めたい場合は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
そこで、今回はサバイバルゲームを始める際にかかる初期費用についてご説明します。
サバゲーというと、銃を打ち合うというイメージが強いですがそのほかには何が必要なのでしょうか?
また、できるだけお得に道具をそろえる方法もご説明します。
これからサバゲーを始めたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

目次

  1. サバイバルゲームに必要なものとは?
  2. 初心者が必要なものをすべて購入するとしたら……?
  3. サバゲーをお得にプレイする方法とは?
  4. おわりに

1.サバイバルゲームに必要なものとは?

まず始めに、サバゲーに必要な最低限のものをご説明します。
サバゲーの道具はたくさんありますが、とりあえずこれだけあればゲームを楽しむことができるでしょう。

1-1.エアガン

エアガンは、サバゲーで敵を倒す武器です。
エアガンにはいくつか種類があり、ものによっては自治体の条例で年齢規制がある場合もあるでしょう。
ですから、最初は専門店で買ったりサバゲーに詳しい人と買いに行ったりするとよいですね。
エアガンは高いものの方が性能はよい反面、手入れに手間のかかるものもあります。
最初から高いものを買うよりは、初心者が扱いやすいものを買うとよいでしょう。
バッテリーなども入れて2万5000円~5万円程度が相場です。

1-2.BB弾

エアガンで飛ばす弾のことです。
プラスチック製のものもあれば、土に還るエコなBB弾もあります。
これは消耗品ですのでゲームのたびに購入しなければなりません。
一袋1000円前後が相場です。

1-3.ゴーグル

エアガンは空気の力でBB弾を発射します。
殺傷能力はありませんが、目に当たればけがをする恐れがあるのです。
ですから、サバゲー中は安全のために必ずゴーグルを着用します。
ゴーグルを着用しなければ、入場できないフィールドもあるのです。
ゴーグルは1,000円前後からありますが、よいものだと1万円を超えるものもあるでしょう。

1-4.服と靴

サバゲーは自然の野山をかけまわるスポーツです。
現在は専用のフィールドもありますが、土がむきだしで起伏にとんだ地形であることには変わりありません。
サバゲーというと迷彩服というイメージがありますが、プレイヤーすべてが迷彩服を着ているわけではないのです。
初心者は動きやすく肌が露出していない、汚れてもよい服で参加することも多いでしょう。
また、靴は足場の悪いところを歩くことが多いため、底の厚いものがお勧め。
さらに、日差しや雨よけに帽子もあると便利です。
大体1万5,000円~2万円もあれば、一式そろえられるでしょう。

1-5.そのほか

サバゲーを楽しむならば、フィールドを借りたりプレイ場所まで移動したりしなくてはなりません。
サバゲーは、自然の野山を利用して行ったり専用のフィールドをレンタルしたりします。
サバゲーのフィールドとは、業者が運営するサバゲーをする専用の場所のこと。
自然の野山のように持ち主に許可を取る必要もなく、プレーヤー以外の人が立ち入らないように気を配る必要もありません。
また、ひとりでもゲームを楽しめるフィールドや、講習会を行っているフィールドもあるでしょう。
そのような「ゲームを楽しめる場所」を借りる代金や底に行くまでの交通費も必要です。
また、サバイバルゲームをするための道具一式を収納するケースなども必要になります。

2.初心者が必要なものをすべて購入するとしたら……?

さて、ここまでサバゲーをプレイするのに必要なものを、おおよその値段とともにご紹介してきました。
これらをすべて購入するとしたら、最低でも5万円以上はかかるでしょう。
エアガン1丁が2万円以上しますし、ガスなどの付属品も必要です。
サバゲーが長らく大人の男性の遊びといわれていたのは、お金がかかるからでもあります。
社会人なら、数か月貯金に励めば10万円程度のお金はたまるでしょう。
しかし、学生や未成年には5万円以上のお金は大金です。
でも、サバゲーはお金がなければできない、というわけではありません。
次の項から、お金をできるだけかけずにサバゲーを楽しむ方法をご紹介します。

3.サバゲーをお得にプレイする方法とは?

この項では、サバゲーをお得にプレイする方法をご紹介します。
「サバゲーがどんなものか、まずはプレイしてみたい」という方も、ぜひ参考にしてみてください。

3-1.フィールドのレンタルを活用しよう

サバゲー専用のフィールドでは、たいてい道具をレンタルできます。
ですから、ゴーグルなど最低限の装備だけでサバゲーをプレイすることも可能。
レンタルできるものはフィールドによって異なりますので、事前に問い合わせましょう。
また、そのときに何を用意しておけば、スムーズにプレイができるのか聞いておくとよいですね。

3-2.お下がりを譲ってもらう

サバゲーはチームプレイで戦います。
ですから、たいていの方がどこかのチームに所属しているのです。
サバゲーのチームはたくさんあり、中には10年以上の活動歴を持つチームも珍しくありません。
サバゲーのプレイ歴が長いと、道具をグレードアップさせていく人も多いでしょう。
そのような人の中には、使わなくなった道具を格安で譲ってくれることもあります。
チームに所属したら、使わない道具はないか聞いて回るのも、サバゲーをお得にプレイできる方法です。
また、チームによっては初心者に道具をレンタルするシステムが整っているところもあるでしょう。

3-3.ネットオークションを利用する

インターネットオークションでは、サバゲーの道具も売られています。
中には、古いけれど使える装備を格安で出品している人もいるでしょう。
それを落札すれば、安価で道具がそろうかもしれません。
しかし、エアガンの中には不当に改造されているものもあります。
ですから、エアガンを落札する際は必ず説明書きをよく読んで、改造されてないものを落札しましょう。

3-4、道具は少しずつそろえていこう

サバゲーの道具は一度にすべてそろえる必要はありません。
まずは、ゴーグルや手袋、服や靴などレンタルできないものを買いそろえ、レンタルできるものはレンタルしてプレイを始めてみましょう。
少しずつお金をためて道具を買えそろえていくのも楽しいものです。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回はサバゲーにかかる初期費用についてご説明しました。
まとめると

  • サバゲーをプレイするにはたくさんの道具がいる。
  • 道具をすべて購入すると最低でも5万円以上はかかる。
  • レンタルできるものはレンタルしてサバゲーを始めてみよう。

ということです。
最近は、サバゲーをプレイする年齢層も広がって昔よりは安価な道具も多くなっています。
しかし、やはりすべての道具を購入すると数万円はかかるでしょう。
ですから、無理をせずに少しずつ道具をそろえていくとよいですね。
チームに所属したら、先輩方に道具をそろえる優先順位を教えてもらいましょう。
また、高価な道具は質がよい分、維持に手間とお金がかかります。
高価な道具を買ったら、お手入れ方法もしっかりと聞いておきましょう。
手入れを丁寧にするほど、道具の寿命も長くなります。

充実のレンタル設備でサバゲー未経験の方も安心!