サバゲーのスナイパーの役割とは? コツやテクニックを紹介!

『スナイパー』というと映画やテレビドラマなどでカッコ良く活躍しているイメージがありますよね。
「自分も映画の主人公のようにカッコ良く立ち回りたい。」
スナイパーはサバイバルゲームを始める際に多くの方が憧れるポジションの一つです。
そこで今回はサバイバルゲームにおいてのスナイパーの役割・コツなどをご紹介します。

スナイパー(狙撃手)とは

標的から長距離を隔てて狙撃銃などの銃で狙撃(精密射撃)を行う専門化された要員のことです。

サバゲーにおいてスナイパーの役割

主に後方に陣取り敵が攻めてきた時に狙い撃ちして相手を足止めさせ自軍に有利な展開にすること。
また、相手陣地を守っている役割の人を遠距離から倒し敵フラッグを攻め落とししやすいようにすること。
これらがスナイパーとしての主な役割です。

スナイパーになるには

銃は長距離を精度よく当てられる1発づつボルトアクションが必要なエアコッキングガンが良いでしょう。
BB弾は風に流されにくく、命中精度の高い重い弾の使用をお奨めします。
遠距離射撃になるので、相手を視認しやすい高性能なスコープも必要です。
そしてスナイパーは必然的に身を隠すことになり、高度なカモフラージュの技術を求められます。目立ちにくい色の服や迷彩服を着用し、その上からさらにギリースーツと呼ばれる植物を模した覆いを被ったり、植物を身に巻くなどの工夫が欠かせません。

スナイパーのテクニック

相手に悟られず茂みや遮蔽物に上手く隠れて相手を待ち伏せ、1発必中で敵を倒さなければならないのでそれなりの訓練が必要です。

最後に

いかがでしたか?
今回はサバイバルゲームでのスナイパーの役割やコツなどをご紹介しいました。
スナイパーが優秀なチームは最強といわれるほどに重要なポジションです。
地道なトレーニングを続けて日々テクニックを磨いてくださいね。

充実のレンタル設備でサバゲー未経験の方も安心!